【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
すべりに影響を与える後傾かどうかを調べる方法
一般スキーヤーの永遠のテーマである後傾の矯正。

かなり切実な問題なのですが、その後傾について私なりの考えをご紹介いたします。

皆さん、簡単に「後傾を直す方法を教えてください」とおっしゃいますが、ハッキリ申しまして、方法などありません。
ひたすら滑り込む以外には手はありません。

すべりに影響を与えるほどの後傾きかどうかは「外一本脚ターン」によって確かめることができると考えます。
緩斜面で、外脚だけでターンするのです。


たとえば脚が常時開いたまま滑っている方。

これにつきましては、カービングを意識させずぎた今から10年ほど前の間違った?スキー指導の結果癖と化したものと、もうひとつは、尻が落ちたポジションにより、足元が不安定であるがゆえにスタンスを広げることでポジションの悪さをカバーしている場合があります。

後者の場合、おそらく一本足ターンはできません。

一本足ターンが出来ない方は、おそらく正対させながらの擬似パラレルは可能ですが、前後の体重移動でパラレルターンができません。

このパラレルは、私思うに「真のパラレル」ではなく、「擬似パラレル」だと考えます。
中学生の修学旅行の生徒がわずか2日めで「パラレルが出来た!」と感じられる現象です。

このパラレルでは前後の体重移動が極めて希薄なために、ショートリズムターンは可能であっても、ウェーデルンは絶対に不可能です。

コブでどちらのパラレルが必要になるか。それはもはや語るまでもありませんね。


話を戻します。

後傾きを直す方法はない。滑り込むだけだ。

と申しましたが、ただ滑り込むにあたっての心がけというものがあります。

まず出来るだけスピードを出して滑る機会を増やしましょう。

後傾というのは往々にして危険に対する防御反応です。なので、ある程度スピードを上げて滑る機会を増やすことで、あえて不安定な状態を作り出すという考え方です。
スピードを上げて滑る機会を増やすと、やがて同スピード域においても常時怖くない安定的ポジションが自然と形作られます。

ぜひお試しいただきたいと思います。


予約状況

2月20日 4名様
2月21日 4名様
2月22日 空き有
2月23日 空き有
2月24日 休講
2月25日 空き有
2月26日 空き有
2月27日 3名様
2月28日 3名様


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村


➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

➡2016年講習実施予定一覧
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク