【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ポジションについてもっとこだわったほうがいいと思いますヨ。マヂデ。。。。
今から8年前、初めて買ったスキーテクニック本

渡辺一樹 パーフェクトスキーマニュアル

で、著者はこう語っています。

全ての原因はここにある

正しいポジションに乗れていないから全てが上手くいかないという、スキー技術の核心を突く言葉といえます。

世のスキーヤーの皆さんはもっとこのことについて真剣に考えるべきと思います。

どんなに手先や足先の動かし方を習ったところで、スキーの真ん中に荷重できていないことには、その先のステップアップはありえません。

今の時期、大学生のスキー部が合宿を張っていることが多いようです。
競技スキーの人はもちろんですが、基礎スキーの人も沢山います。

中でも基礎スキー部の人たちの「紙相撲」すべりには大変違和感を感じます。
大してスピードも出ていないのに90度に曲げられた脚と、妙に下がったお尻、広げた両腕、

おそらく1年生でしょうか。

おそろいのOGASAKA AZシリーズをお使いのようでして、レベルアップに励んでいらっしゃいます。
しかし、美しいフォーメーションを決める前に、スキーの真ん中に乗れるポジション養成を徹底しないことにはきっと後々後悔します。
基礎スキーなのですから、きっとバッジテスト合格を目指しているのでしょう。いくら形重視とはいえ、身振り手振りにばかり集中していると不整地小回りには全く役に立ちません。1級合格が遠のきます。

私なら、もっと足を伸ばせ!と連呼します。きっと。

一度身につけた身振りは癖となって定着してしまいます。鉄は熱いうちに打てといいますが、1年生の今だからこそ、もっとスキーの本質に迫る鍛錬をすべきでしょう。

以前大学の基礎スキー部に所属するとある女性にコブ訓練のお供をしました。

ストックの突き方が全くなっておらず、徹底的に駄目だしさせていただきました。

彼女いわく

騙された~

あれほどストックは突くなと習ったのに、コブでは突けと。。。。。

広げた腕や突かないストック

単なる流行がそうさせただけであって、そうした動作には何の合理性もメリットもないのは言うまでもありません。

形ばかり追い求めていると、「騙された」と思うスキーヤーはこれからも後を絶たないでしょう。

かつて

肩甲骨スキー

などと大真面目に語った似非スキー科学者が存在しましたが、見事にみんな洗脳されてしまっていたというわけです。

デモンストレータは洗脳されても一度それが解ければ何事もなかったかのように別の技術を使えるようになりますが、シロートスキーヤーはそうは行きません。

洗脳が解けても体はそのままです。

ナントモ切ないものです。

せめて今からでも遅くありません。

余計な身振り手振りではなく、スキーの真ん中に乗れているかどうか。それを確かめるために外片足ターンを一生懸命やってみましょう。それがムリならプルークでしっかり外脚に乗り込む練習をしましょう。そして一定のスピードを上げて滑る癖をつけましょう。

ちびっ子がスキーの上達が早いのは、物怖じせずかっ飛ばすからなのです。

余計な講釈聞いて上達したという人はあまりいないと思います。


予約状況

2月22日 空き有
2月23日 空き有
2月24日 休講
2月25日 空き有
2月26日 空き有
2月27日 3名様
2月28日 3名様


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村


➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

➡2016年講習実施予定一覧


スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク