【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
内輪用語の使いすぎて上手く伝わっていないのではないか?
世のイントラさんの中には、知らず知らずのうちに専門用語(内輪用語)を使っているのに気づかず、理解されないままに終わっているケースがかなり見受けられるように思います。

以前から何度か取り上げましたが、その最たるものは

コントロール
動かす
動きが止まった滑り

このあたりだと思います。

コントロールとは一般的に調節するとか、操るという意味であるのですが、スキー業界的にはほとんど「ズラして減速する」を意味するものです。
単にブレーキを掛けましょうといえばイイのに、競技スキー上がりの誉れ高きエキスパートのセンセー方は、妙にカッコつけて「スピードコントロール」と表現したがります。

以前修学旅行の中学生が暴走しそうになっているのをイントラが遠くから「コントロール!コントロール!」と叫んでいるのを見たことがあります。

ブレーキ!ブレーキ!止まれ!


と言えばもっとハッキリ伝わるのに、なぜか「コントロール!」と絶叫しているだけです。

「ブレーキ」という言葉にアレルギー反応を起こす業界人ですが、「コントロール」という言葉でさえ、ネガティブな意味で捉えている著メースキーヤーも存在するくらいですから、安全第一をないがしろにしてきた基礎スキー業界の世紀末ぶりは察して余りあるものがあります。

少し古い記事ですが、スキーグラフィック年2009年x月号。
自然で楽スキーが広まりつつあり、ずらすことがダサいの極致だったあの時代です。コブでは、その流れからか、「バンクすべり」もてはやされた、レジャースキーにおける「暗黒の時代」だったともいえます。

連盟が誇るタレントスキーヤーのコブ滑走テクニック記事

スピードの調整は裏側の処理しだい

のタイトルで以下のように述べられています。


===

今月号のコブ特集、僕からのテーマはずばり、「コブをゆっくり滑ることです」
コブはターンの入り口で落差がありますから、滑り手から見てコブの裏側(谷周り)でいかにスピードをコントロールできるかが、コブを攻略できるかのポイントとなります。
段差が大きく、削れているコブではどうしてもジャンプターンでクリアしなければなりません。そうなると、山周りでコントロールして滑らなくてはなりませんが、普通のコブでは谷周りでしっかりとスピードコントロールしてください。
コントロールというと一見消極的に感じますが、コブをゆっくり滑れるようになると、自然とコブで必要な動きも身につき、加速させられるような技術も覚えられるはずです。

===

ハッキリ言ってこのようなことを述べるスキーヤーにはコブを語る資格はありません。

谷周り信仰に洗脳されまくった、実に痛々しい記事ともいえます。
タダでさえ難しいコブをさらに難しくしてしまう、指導員としての資格を疑うばかりでなく、本人のスキー技術への理念や信念のへったくりも感じられない記述にあきれるばかりです。

大体、コブの裏側を削る局面はすでに山周りに入った局面ですので、本人の言うことは誤りです。
コブにおける谷周りは、切り替えの直後の「迎え角がついた状態」であり、その時点ではどんな滑り方をしていてもブレーキ力はさほど強くはありません。
あえて言うならば、バンクすべりの時には横へ押し出す力がそれなりに働きますから、「コントロール」もされていると言えなくもありません。
しかし、基本的には、削る運動は主として山周りで行われるものです。


それよりも何よりも、「コントロール=消極的」などと、一般人の目からすると、全く意味不明なことを語っていることに憤りを覚えます。


コントロール」もそうですが、「動かす」という言葉もやたらと使いたがる業界人が多いのには辟易します。
どう動かすのか。単にその「動かす」という言葉だけで、定義づけが極めてあいまいです。

動かしてあげる

というスキー業界独特の表現もまた一般人からすれば珍妙です。

動きが止まったすべり

これもまた雑誌では頻繁に目にしますが、全く意味不明です。

圧をかけていく

重さを乗せていく

じゃだめでしょうか?


もう少し基本的な日本語をきちんと使い分けられるような知識を身につけてみてはいかがでしょうか。

滑るのが上手いだけでは決して受講するヒトを満足させられません。

タレントスキーヤーならば、指導はそこそこで、「ファンの集い」として割り切ってやれるから楽なのでしょうがネ。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村


➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

➡2016年講習実施予定一覧
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク