【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
少し出来るようになると「上級」のことしか練習しない人たち
スキー技術とは、変化する状況に適応する「身のこなし方」であるにもかかわらず、いわゆる基礎スキーにおいては同じ斜面における「上級者っぽい恰好」の習得に躍起になりすぎるきらいがあります。

「身のこなし方」は極めて多様であるにもかかわらず、金太郎飴な滑りが求められる現状もまた極めて憂うべきことと思います。

スキーヤーに限らず、あらゆるスポーツは段階を追ってステップアップしていくものです。

できない⇒できる⇒うまくなる

のプロセスが明確に存在するにもかかわらず、多くの自称上級スキーヤーはすぐに上のことばかりを考える傾向にあるようにも思えます。

スキーは見栄張りのスポーツです。

しかし基本をおろそかにして上を目指そうとしても結局は何も得るものはありません。

よくいろいろな所で見聞きする「テク&クラウンレベルになれば云々」

という表現も、かなり誤解と危険をはらむ表現のように思えます。

1級に合格すればテクニカルを受験することが出来ます。
テクニカルに合格するにはそれなりに格好いい滑りをしなくてはなりません。コブにおいては正確な先落としと流れるような連続ターン、しかも定速操縦。

しかし1級に合格したてのスキーヤーにはその様な技術は伴っていません。

しかしテクニカル受験するからと言って、基本をないがしろにして難しいことばかりを追求している人がかなり多いような気がします。

例えばズラすという行為は「上級スキー界」においては、ダサイ行為とみなされます。
なので、コブにおいても、まるでブレーキ要素をなくして、突っ走らせなくてはならないと勘違いしている、勘違いさせている指導者が無数に存在していることには多くの検定マニアは気づいていないようです。

しかし、コブにおいては「ズレの調整」こそが肝であり、そこを無視して「加速しない」コブ滑走を実現することは絶対に不可能なのです。

いつも私が講習内で力説する「コブ滑走とは、結局のところ左右のブレーキ力調整によって行われるもの」という考えです。

先落としとはつまるところ、スキーを常に地面に張り付けておくためのテクニックであり、いつでもどこでも「抵抗」を生み出す準備をするために必要なことです。

その抵抗は、コブ滑走においては「除雪抵抗」と「衝突抵抗」に分けられると考えますが、いずれもブレーキを働かせることで「加速しない」ことを目指すための動きです。

コブにおけるあらゆるテクニックは、実はブレーキを掛けるための予備動作へと明確にリンクしているのです。

コブがあまり上手ではない「テクニカル」の人も存在します。ましてや1級レベルにおいてはまだまだ基本が出来ていない人は無数に存在すると思われます。

コブでろくにブレーキも掛けられないのに、見栄ばかり張って高速で滑り降りるような真似はあまりお勧めはしません。
コブは整地と違って手先足先の振り付けで誤魔化せるようなものではありませんので。。。。。。

よろしくお願いいたします。


来週は一気に気温が上がりそうです。
今週土日のコブ講習は、オール木島平で実施できる最後の週末になる可能性もあります。

迷っている方、是非お越しください。
残席はまだありますよ!


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村


➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

➡2016年講習実施予定一覧
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク