【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
失敗しても「知名度点」でカバーされる技術選
技術選の映像が続々アップされていますね。

しかし特にコブについては、どの選手も気負いすぎてか、雑な滑りになっているのが気になります。
さらに気になるのは、ジャッジの採点基準。

今に始まったことではありませんが、暗黙の了解のうちに「知名度点」が存在し、それがあらかじめ加点されてしまっているということです。

有名選手はミスしても基本点が高いので、さほど低い点にはならないということが今回も如実に現れています。

たとえばスーパーファイナル不整地小回り。

有名ギャルスキーヤーの金子選手。273点


中盤でスキーが飛ばされまくり、上体がぶれてしまって、リカバリーまでに相当な時間を要しています。
22秒の滑走時間の間、前半と後半にそれぞれ3-5秒ほどの不安定姿勢が明らかに見て取れます。
全体の半分くらいは姿勢を乱された状態で、スキーの先走りが見受けられ、明らかに無理している感があります。滑走中は本人もかなり危機を感じていると思われ、相当なご乱心と察せられます。

一方青木美和選手。273点


たいしたミスはないものの、なぜか金子選手と同点。本人は「何でよ!!??」とさぞかしお怒りとのことでしょう。
しかしながらそれは無理もありません。上記が有名「プロ」ギャルスキーヤーに対してこちらは陸上自衛隊高田駐屯地の現役自衛官のアマチュアスキーヤー。地力は十分ですが「知名度点」が根本的に違いすぎます。

基礎スキー界に限ったことではありませんが、こうした採点の不可解さ、もう少し何とかならないものでしょうか。
選手が気の毒でなりません。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2016シーズン最終★春の出張講習会@白馬五竜

➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク