【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブが上手くできないスキーヤーの共通症状
今日は白馬五竜の出張講習会でした。
お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。


さて今日あらためて感じましたのは

ストックが使えない限りコブでのターンはありえない

と言うことです。

毎回最初に、皆さんの滑りを拝見するのに「小回り」をやっていただくのですが、多くの場合ストックをほとんど使わないいわゆる

SAJ式ショートリズムターン

の域を脱していません。

さらに、大きく腕を広げた状態でのソフトタッチストックワークが染み付いてしまっている方も実に多く見られます。

残念ながらら大きく広げた手はコブにおいて大変重い足かせとなってしまいます。

なぜなら、コブで連続ターンを決めるには、着地と同時に行われる前方へのストックの突き刺しが必須だからです。

コブの底へ着地した瞬間、必ず、かかと加重の「後傾」となります。その状態を瞬時に解消し、先走ろうとするスキーを自らの体の下に引き戻していく動きを助けるのが、まさにストックなのです。
ストックを最初から横に突けば確実に後ろにつんのめり、転倒コースアウト間違いなしです。

つまりストックが的確に前方に突けない限り、コブでは常に後傾の加速状態から脱することは出来ないのです。

今日もひたすらストックワークのことについて駄目だしをさせていただきました。

一般のコブのレッスンでよくある、低速での横ズラシ~切り替えの練習は常日頃からほとんどやりません。
それを不思議に思う方も多かったと思います。

しかし、ストックを瞬時に突き、ターン中構え(森進一ポーズ)を維持すれば、自動的にブレーキがかかります。
上体を活用することで、ズレの練習+ターンの練習の一石二鳥なのです。

コブがなぜ出来ないのかを考えたとき、それは何はなくとも、瞬間的切り替えによって、ターン中常時ズレを伴った状態を維持し続けることこそが体得すべき最優先課題と考えています。

超急斜面で横ズラシの練習を繰り返していると、いわゆる「ズルドン」すべりが染み付いてしまいます。
緩い斜面であって、常時ズルドンの繰り返しになってしまいがちです。

そうならないために、緩いコブ斜面でズレの連続を体に覚えさせて、着地の瞬間にストックを突くというコブ攻略の必須運動を身につけていただくことこそがコブの練習を自ら行うための早道だと私は考えています。

というわけで次回は4月2日~3日の二日間コースです。

足並みを揃えるために、一日のみの方は4月2日(土)限定で承ります。

お申し込み期限は3月30日。30日の時点で最少催行人員2名に達した場合は、開催決定としまして、定員の7名に達するまで募集継続いたします。

ご希望の方はお早めに参加表明をお願いいたします(^~^)

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2016シーズン最終★春の出張講習会@白馬五竜

➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク