【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
4月23日、24日開催の最終のコブ講習会の開催ポリシー
お知らせしました通り、4月23日~開催の今季最終のコブ講習会は開催が決定しています。
ただいま2名様のお申し込みがありますので、定員の7名様に達するまで募集継続いたします。

会場は白馬五竜スキー場またはかぐらスキー場を予定しています。
積雪の多寡によって、遅くとも4月20日までに決定の上、開催地をお申し込みの方宛通知いたします。

いずれにせよ、滑走可能なスキー場が限られてくる時期ですので、これまでの講習に比べてゲレンデの混雑、特にコブ斜面での混雑が予想されます。

そこで以下の様に講習を進めてまいります

1.1日4時間という時間に縛られることなく、木島平コブ滑走訓練所の所定の課程をクリアできるまでフレキシブルに時間延長いたします。もちろん料金は変わりません。


2.スムーズなコブ滑走訓練に移行できるよう、出来ましたら2日間の講習をお勧めします。
混雑している中でも、より効率的な講習が行えるよう、1日目の午前中は徹底した整地でのストックワーク訓練を行います。


何度も述べておりますが、腕の動きを改良することで、コブでの滑走能力は飛躍的に向上します。
ダメ出しを繰り返し行いますが、どうかだまされたと思ってフォローをお願いいたしたいと思います。

腕の動きこそが脚の動き、スキーの動きを支配するといっても過言ではありません。

事実、今年のスキー技術選では金子あゆみ選手の不整地小回り。
同僚の先輩、星和弘氏にコブ特訓を受けたそうですが、従来のようなストックを横に流す腕の使い方を封印し、コブ達人・佐藤麻子同様の、腕をしっかり前に構えて、突いたストックを押さえ続ける滑り方へと変化させてきました。

それ位に腕の使い方は重要だということです。

今季最後の飛躍のチャンス、どうぞお見逃しなく。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2016シーズン最終★春の出張講習会

➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク