【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
SG五月号 ~ジャッジがメッタギリ!技術選レビュー
遅ればせながら買ってきました。SG&SJ誌5月号
中でも注目は付録DVDの、ジャッジが映像を見ながら滑りをメッタギリにするという面白い企画です

随分と長い映像に見ごたえ抜群。

が、メッタギリと言うほどの辛口レビューではありませんでした。

何故なら皆上手すぎてほとんど文句のつけどころがないから。

設定されている斜面が普通の整地斜面では、目に見えた差がつくはずもなく、おおよそ

「ミスするか否か」
「上体の向きとスキーの向き云々」

上位常連の選手に関しては技術的云々よりも
「技術選の戦い方を知っている」

のようなコメントに終始していました。


そもそも、どのような滑りに高得点が与えられるかというアナウンスが全くない以上、参加するスキーヤーも作戦の組み立てようがありません。
とりあえずは差の付きそうなスーパーファイナルのコブ種目で猛烈なアタックを掛ける選手が続出し、失敗する選手が多く出た一方(金子あゆみ選手など)、失敗をしないようにひたすらまったり滑った吉岡大輔選手のような危ない轍は踏まないと心に決めた滑りを披露したひとに分かれたようにも思えます。

とはいえスーパファイナルの時点で一定の差がついてしまっていては実際に逆転することは困難であり、勝負云々よりも誰がどんな面白いコブ滑りを披露してくれるかという興味本位の視点がギャラリーの大多数だったのでは?

いずれにせよ本戦から続く累積点数システムは「勝負」という点を鑑みるならば非常に欠陥のある仕組みでして、スーパーファイナルで全員が猛然とアタックせざるを得ないような仕組み作りも必要でしょう。

あと

最後にナショナルデモ認定者がインタビューに答える場面がありました。
皆、判で押したように「スキーの楽しさを伝えていきたい」などと語っていました。

しかし、楽しさを伝えるためには手本滑走のレベルアップよりも、指導技術論をもっともっと素人目線に立って根幹から構築し直すために骨を折ってもらいたいものです。

ナショナルデモなのですから、技術的にはもう十分なのです。言われたことは何でもできるのです。

「もっとうまくなりたい」と意気込むナショナルデモ、SAJデモも沢山いますが、本人たちが上手くなったところで下辺には何の利益ももたらされることはありません。

指導者の頂点としてやるべきことは、スキーの普及振興。決して超絶的テクニックを披露してギャラリーを黙らせることではないと思います。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク