【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
技術は絶えず変化する。だから滑り方も変える。対象は誰ですか?
昔はこうだった。でもいまはこう。

技術は絶えず進化している。だから滑りも変わって当然。

しきりにこんな調子で技術論が唱えられるスキー界。
しかしそれは誰に対してのメッセージなのでしょう。

基本をないがしろにして、技術の変化を口実に変化を強いる風潮には私は賛同できません。

昔はストックが長かった。でも今は短い。
何故長かったのか、そこには明確な理由があり、スキーの運動原理から導き出された結論なのです。

今はカービングスキーで、だから短くていい。

それも一理ありますが、滑りのシチュエーションすべてに当てはまることではありません。
ましてやコブ。

スキー技術が変化しているから滑り方をかえなくてはならないというのは、一定の技術レベルに達した人たちに向けて言われるべきメッセージだと私は思います。

ストックは横に突く、後ろに突くなどとアホナことをまじめに言うデモも居るくらいでして、そうした無責任の言動が知らず知らずのうちに信用を失墜させているということに気づかないのでしょうか。
滑るのが上手ければ、すべてが許されるとでも言うのでしょうか。

チマチマ格好つける暇があったら、虚心坦懐、指導技術の鍛錬を誰かに乞うてみるべきです。
特に30台以下の若いデモ軍団は(^^)。

スキーがはじめての初心者への教え方。おそらく今も昔も一緒です。大きくテールを開いて雪を両側に押しのけブレーキを掛ける。
左右のブレーキの掛け方を変えることで大きく曲がったり、急激に曲がったりを繰り返します。

今も昔も滑り方の原理は基本的に変わりはしません。

なので、基本を無視して目先のトレンドに振り回されることにあまり私は感心しません。

世の中、うわべの技術論に振り回され過ぎてあたまでっかちになり、基本を見失い、路頭に迷いこむスキーマニアさんが多すぎです。

Noとはいえない封建社会が、しもべたちを悩ませていると思うのは私だけでしょうか。

教える人によっていうことがバラバラという現状はやはりマズイと思いますネ。


*5月31日からの月山コブ合宿は定員の7名様に達しました。以後はキャンセル待ちにて承ります。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2016シーズンを取り戻す!★月山出張講習会

➡2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク