【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
オフトレよりメタボ回避でしょ?
国内においてリフト付きスキー場がほぼすべてクローズしてしまったいま、スキー雑誌にはネタに困ってか「オフトレ」の文字が躍ります。

しかしたんなるレジャースキーヤーにとってオフトレってそんなに必要でしょうか?

夏は農業に従事するスキーイントラも多いとは思いますが、スキーを意識したオフトレに取り組む人はそう多くありません。

正直、心肺機能もさほど強いものが求められないゲレンデスキー。

今から4年前の9月、とあるきっかけで、当時83kgあった体重を4か月で72キロまで落としたことがあります。今はすこしリバウンドして76kg台に増えてしまいましたが。
しかし、それは決してスキーのためではなく、健康のためでありました。

ところが、スキーシーズンに入り、実感したことがあります。それは

コブが楽になった

ということ。


コブを連続で滑るにはやはり大腿部の筋持久力が求められます。

体重が軽ければ軽いほど負担が軽減されることには違いありません。スキーに必要な筋力はシーズンインからしばらく経てばそれなりの力が身に付きますが、減量はそんな短期では実現できません。
オフはトレーニングよりも体重管理に努めていくほうが賢明といえるのではないでしょうか。

そもそも強い心肺機能がさほど求められないスキー。
さほど運動量も多くないので、デモクラスの人にもメタボっぽいふくよかなスキーヤーも少なくありません。 
遠征先の旅館で、ついメシを食べ過ぎてしまうゆえに、仕方のないことかもしれませんが(^^)。

アスリートなのにメタボ。

やはりあまり恰好のいいものではありませんよね。

私も気を付けます。(^^)

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


スポンサーサイト


プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク