【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
指導者に求められるもの ~女三四郎・山口香氏の金言をスキー界にあてはめる
ただ今わたくしは琵琶湖のほとり、滋賀県野洲市に出張中です。
800px-Lake_biwa.jpg
(C)Wikipedia commons


日本ユースホステル協会の年一度の定例研修会が開催されまして、先週の東京会場に引き続き、今回は近畿会場に「講師」としてふたたび招聘されました。

さまざまなイベントや仕掛けで特徴を打ち出し集客しているホステル


と評価され、その取り組みを紹介させていただくんです。

もちろん、コブスクールについても触れさせていただきますよ~。

これは私にとって大変光栄なことでして、喜んでお引き受けし、愛車ハイエースで遠路はるばるやってきました。

キジマダイラからひたすら一般道で南下してきたわけですが、その途中、NHKラジオ「午後ラジ」が旅のお供。
昨日のパーソナリティーは柔道家の山口香氏。

ソウル五輪で銅メダルを獲得し、女三四郎と呼ばれた著名な柔道家、柔道指導者、そして筑波大学客員教授でもある彼女。実は話し方も大変落ち着いていて、知的で、まるでアナウンサーのようなしゃべり口についつい眠気も吹っ飛びました。

昨日のテーマは

「女性リーダーに求められるもの」


これは特別女性に限ったことではなく、上に立って指導する人すべてに当てはまることのように感じました。
中でも優れた指導者になるための条件の一つとして、あげられていた


指導者としてどれだけ多くの指導される側の質問に答えてきたか、その経験こそが指導経験として蓄積される


というお話は実に印象的でした。


いわく、

質問に的確に答えるためには自らの知見が求められる。
質問する側を納得させるだけの的確な答えを得るには、指導者自身が勉強しなくてはならない。
一切の誤魔化しが効かない
でなければ指導者は単なる裸の王様になってしまう


柔道界はかつて「強いものが絶対」という信仰があったそうです。どこのスポーツ界にもあることだと思うのですが、強い人間が、弱者を抑圧しながら有無を言わせず高圧的に指導するスタイルです。

これはスキー界にも全く当てはまっているといえます。

指導者としてどんなに指導時間を稼いだところで、教えられる側との言葉のやり取りなしでは、結局その指導法が当人たちに受け入れられているのか、効果が上がっているのかがわかりません。
質問されればそれに的確に答えられるだけの器量と知見が求められます。
滑走技術を磨く前に、あらゆる想定問答集にを作り上げ、それらに対し的確に答え説明、理解してもらうための説得力を磨かなくてはならないのです。


世のスキー指導スタイルは一人のイントラ対多数のレッスン生。
暗黙の了解として、むやみに質問してレッスンを遮ってはいけない、そんな空気が蔓延しています。
2時間という限られた時間の中、安易に質問するとほかの人に迷惑がかかるという意識もあるでしょう。
俺は有名スキーヤーだ。「黙って俺のことを聞け」的なオーラ出しまくりの人もいるようにも思えます。

実際、以前講習中にゲストにこんなことを聞いたことがあります。


どうしてみなさん黙っているのですか?


スキーがうまい誉れ高きイントラを前にすると、どこか高圧的雰囲気はぬぐえない
そんな風に正直に答えていた方が何人もいらっしゃいました。

しかしそのような「格差」が遠慮を生み、基礎スキー指導の世界にどっぷりつかった人たちを「裸の王様」にさせてしまったことに間違いはないと思います。

はっきり申しましょう。

レッスンの内容が理解できない、上達(気づき)が感じられないという現象は、決して自分がふがいないのではなく、

すべてイントラが悪いのです。


私の場合、毎回必ず申します。
わからなければ遠慮なくさえぎって質問してくださいと。
質問をされればされるほど、自分の指導力の糧となります。
自分のスキー滑走技術を磨くのはある程度は必要でしょう。
しかしそんなことよりも、あらゆる角度から質問を浴びせられる機会が欲しいと私は常日頃思っています。

それは何はなくとも、私もゲストも、みんながハッピーになれるからにほかなりません。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク