【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
スキー指導の特異性について
リオオリンピックが開幕しました。

競泳陣が幸先のいいスタートを切り、日本チームに弾みをつけてくれました。

いまでこそスキーがライフワークとなっていますが、かくあるワタクシ、中学高校時代には水泳部でありました。
中学時代は自由形が専門で、ベストタイムは50m28秒9、100mは1分4秒、高校に入って平泳ぎに転向しまして、ベストは50mが35秒9、100mが1分18秒だったのをいまなお鮮明に覚えています。

社会人時代には会社の水泳部に所属し、業界対抗の競技会に毎年出場していました。

なので、競泳の国際大会は否が応でも注目してしまうのです。

それにしても私が中学高校時代は、日本選手が決勝に進むなど夢物語でありました。

それがソウル五輪で鈴木大地氏が金メダルを獲得して以降、日本人選手の強化が急激に進んだことは記憶にも新しいところです。

北島康介の2大会連続複数種目金メダルはまさに偉業、そして今日の400m個人メドレーでの日本人選手の同時表彰台もまた、私の現役時代では全く夢にも見なかった、驚き以外の何物でもありません。

アメリカ国旗のスイミングキャップの選手を後方に従え先頭を突っ走る姿は、かつての競泳経験者からすれば本当に夢のような光景に移るものです。

毎回選手の活躍の陰で話題になるコーチの存在はやはり無視できません。

平井伯昌氏、久世由美子氏などはいつも話題になります。
ジャンルは違いますが、シンクロナイズドスイミングの井村コーチもまた名コーチとして名をはせています。

ではスキーではどうでしょう。

これはもはや定説なのですが、日本のスキー界においては確固たる地位を築いた指導者がほとんど存在しません。
こうすれば速くなる。こうすればうまくなる。明確なメソッドが実はほかのスポーツに比べて圧倒的に不足しているように思われます。

スキーはほかのスポーツと違って単位時間における移動距離が半端ではありません。

限られた囲いの中で行われる圧倒的多数ジャンルのスポーツですが、スキーだけは違います。

指導する人間はされる側と一緒に移動しなくてはなりません。

プールサイドからメガホンもってガヤガヤ指導するといった方法を採択しにくいといえます。
遠くで絶叫しているイントラもたくさんいますが、実はすべている側はスキーの滑走音と風切り音で何を言っているかほとんどわかりません。

遠隔指導が実にやりにくいスポーツなのです。

だからスキーは

手本を見せて真似をさせる

手法に傾注していったのではないかと私は考えています。

それがあまりに度が過ぎるため、指導者はとにかく指導技術論よりも手本滑走習得に走らざるを得なくなった。そう私は考えています。

しかし、これまで何度も申し上げていますとおり、どんなに手本を見せたところで教えたことにはなりません。真似しろと言ってもできるはずもありません。
どうやったら真似ができるのかを、究明する研究があまりに不足しすぎているとも考えています。

さらに、スキー界においては、競泳の平井伯昌氏や久世由美子氏のように、世に知られた指導の名手はあまり存在しません。
指導がうまいというよりも、かっこよく滑る有名プロスキーヤーのような人にばかりスポットが当てられ、そうした一部の人たちだけがテクニック本を著しているにすぎません。

実はスキー界がほかのスポーツと最も違う部分のひとつはそこなのかもしれません。

陸上、球技、ラケットスポーツ、武道

あらゆるスポーツ解説書を手に取ってみても、監修している人は多くは年配の「指導のプロ」であったり「研究者」だったりします。

しかしスキーの技術解説は現役有名スキーヤーである割合がほとんどです。しかし、そうした人たちが決して指導に長けていないということはスキー雑誌を手に取って読めば一目瞭然であり、実に嘆かわしい部分でもあります。

タレントスキーやもまた「有名になりたい」という一心でしょうから、自分が指導論にあまり自信をもてないような場合であっても、出版社から執筆のオファーがあれば喜んで引き受けます。
編集者による相当な加筆修正がなされるにしても、監修する側の絶対的指導技術が劣っている以上、どうしようもありません。

ただ長年の慣習として、スキー界は「上手い人に教わることが有益である」との固定概念を捨てきれない人がこれまた多数を占めているのです。

ただひとつだけ例外があります。

これ
dorama_n31040316.jpg
大きな波紋をよんだ同書ですが、著者自身がスキーヤーではなかったのが痛すぎました。

基礎スキー界の七不思議とでももうしましょうか。

触れてはイケない「タブー」なのかもしれません。

部外者の戯言でございました(^^)


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク