【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
私の使命はただ一つ。コブが出来ない人に光明を。
タダの1級が言いたいことを言い放つこのブログ。
権威主義に染まった業界人にしてみれば、目の上の「コブ」(笑)に違いありません。

しかし

私が普通のスキースクールではどうにもならなかった極めて多くの迷える子羊さんたちを救ってきたのは紛れもない、揺るぎのない事実であります。

嘘でも誇大広告でもなく、3年で延べ400人以上ものスキーヤーさんたちを導いてきました。


ゲストレビュー


以前、とある方面からこんなご指摘をいただいたことがあります。


困っているスキーヤーを純粋に救いたいというのならお金を取るべきではないのでは?


これには驚きました。

もしこのような論が正当化されるのならば、消防士や救命救急士は無償で奉仕すべきだという論と等しいことになります。

心理カウンセラーや、占い師も無償で奉仕せよとの論理と同様です。


仕事とは社会に貢献することであることは自明の理ですが、その社会貢献の対価として報酬を得るのは極めて当然なことであります。

もちろん私はこのコブスクールを個人事業主のなりわいとしています。

なので、精一杯サービスして、満足してもらって、その対価を得ています。


指導員資格もないのにちょっと???


と思われる方もおいでのようですが、修旅などの団体のイントラさんはほとんどが無資格です。寄せ集めです。
でも特段、表立って問題視されることはありません。

むしろ、寄せ集めのイントラさんは、事前の指導ノウハウ講習がおろそかになっているケースが圧倒的で、毎日宿泊業主として「おもてなし」をしている上に、コブ専門で毎日ゲストにお供している私と比べれば、その適性については疑問符をつけたくなるような人が少なくはありません。(滑走技術の問題ではありませんよ!)

スクールに求められるのは、何よりも必要なのは資格や肩書ではなく成果であることは云うまでもありません。


雑誌に登場するデモンストレータなどの「プロ」をダメ出しする姿勢に否定的な方もおいでのようです。


しかし、紙面で展開される論は、残念ながら明らかに間違った指導や勘違いであることは少なくありません。


以前も述べましたが、スキー界において、階級的上位者をやたらと神扱いする慣習はいかがなものでしょうか?


プロ野球選手を正面から批評するファンは無数に存在します。
エラーすれば、スタンドのファンからは容赦なくヤジが飛びます。
ならば、プロスキーヤーを批評するファンがいても不思議ではないと思うのですが。

プロ野球は鑑賞の対象です。
いっぽう、スキーヤーはスキーヤーとしての「同志」の頂点。
どちらかというと崇拝の対象となりうるもので、若干立ち位置は違います。

でも、スキー業界のように、階級的上位者に正面からダメ出ししたり、盾突く人がいなくなると、それは単なる「裸の王様」でしかありません。
影響を受ける底辺のその他多数の関係者(指導者、クラブ員)にとっても決してイイことはないと考えます。

以前日経新聞のコラムで三浦豪太氏が寄せた、研修会の雑感をお読みになった方もおいででしょう。




私のようにブログで


「貴方は確かにコブを滑るのはとても上手い。とてもかなわない。でも教え方としては決して適切でない」


と指摘する人が存在することはおかしなことなのでしょうか?
決してそんなことはありません。


スキー業界もまたひとつの産業であります。スキー道具、スキー場、スキースクール。
あらゆる分野でし烈な争いが繰り広げられています。

他所との差別化を図るべく、事業者は日夜努力を重ねています。


似たようなネット商店が乱立する中、選んでもらうために、顧客レビューはもはや常識です。証拠映像もまた必須です。
食べログが一時期話題になりましたが、なんだかんだ言ってレビューは選択のための指針となります。

世の中のスキースクールのネットサイト。ゲストレビューが載っているところ、ご存知ですか?
講習前と講習後の動画を逐一掲載しているスクールがどれ位あるでしょうか?

ウチの掲載レビューや動画には一切の改変、ねつ造はありません。すべてゲストからいただいた真実のレビューであり、リアル映像です。

本気で集客したいのなら、それ位のことはやって当然だと私は思いますが、私の知る限りではそこまでの企業努力をしているスクールは極めて少数派です。


ウチでは、

効果がなければ返金保証

をうたっています。

これまで述べ450名様以上をお供しました。返金を求められ、実際に返金に応じたことが2回あります。

それ位に必死で、誠心誠意取り組んでいます。

資格がどうとか、1級のくせにどうとか。そんなこと、一切関係ないと私は頑なに思うのです(^^)。

顧客満足度という結果が全てのサービス業なのですから。


========
★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク