【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
動かせと言われても困ってしまいますよね
コブが出来ない人は、無駄に直進している局面が長い

これは従来から口すっぱく申していることです。

スキーが先走る現象を阻止するためには、ズレをとにかく生じせしめることが何よりも重要なのは言うまでもありません。

2-3-ターンで即外に出てしまうスキーヤーに対して、ありがちなイントラはきっとこう云います。

もっとスキーを動かしていきましょう
もっと積極的に荷重を

動かすといわれても、どう動かすのか、ハッキリとした説明がないのはいけません。

その言葉を受けた本人は、動かす=ズラすと解釈して、ズラそうと試みますが、コブに入った瞬間にどうやってズラせばいいのかがそもそも理解できないという場合も想定できます。

そこでありがちな練習としてシュテム。
足を開かせることで、外スキーに迎え角がついて「ズレ」が起こります。

コブの中でいかにしてブレーキがかかるのかをシュテムによって体得させようという手法です。

しかしながら、シュテム姿勢により、外足で無理やり雪面を削りずらしても、これをどうやってパラレルターンとリンクさせるのか、イメージがつかみにくいという人も少なくないとは思います。

シュテムよりも、できれば二本のスキーをパラレル状態にしてズラす方法を体得したいというのが本音なのです。

また、コブにおいて、「荷重」するよりもスキーを「動かす」よりも、大事なことがあります。

それはまずは「迎え角」を作ってズレる状態を作りだすということです。

そのために重要なのはタイミングを逃すことなく的確に瞬時にズレを生むスキー操作です。瞬時にできないからコブ初心者は困り果てるわけで、そんな人たちに向けてスキーを動かしていけというのは実に酷な注文でもあります。

ではいったいどうすれば瞬時にズラすことができるのか?

それは簡単です。

ストックを最大限に活用することなのです。

次回はストックの役割と重要性についてお話ししたいと思います。



========
★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


スポンサーサイト


プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク