【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ストックを最大限に活用することの効用
コブを滑るための方法論は意外と単純です。
単純極まりないのに、それを実現するための「ストライクゾーン」が極めて狭い故に融通が利かず難しくなってしまっているのです。

世のテクニシャンはひたすら難解な技術論を繰り出し説明を重ねていますが、ごく一部の有能な指導者、たとえば渡辺浩二氏や佐藤麻子氏などを除いては、そのほとんどを足元操作にばかり傾注しています。

ことにコブの中でターンをする方法については、あまりにアッサリしすぎています。

しかし、足元をどうこうの前に、常にスキーの迎え角を保つことが先決です。
そのために、どうするのか?

それは私がしつこいほどに語っておりますストックの突き方にあります。

1.コブ底に着地と同時に突く
2.スキー先端の真横に突く
3.スキーが向きを変えるまで突いたままの状態を保つ

引っ掻くように
ハエタタキのように

突くのはいけません。

あくまでシャフトの向きに真っ直ぐ突き刺し、かつ

垂直状態を保ってねじ込んだままにする

ということも重要です。

ストックを突くなと刷り込まれた人たちはコブでもなかなかうまくストックを突くことができません。
しかし突かないことには瞬時の方向転換が出来ません。

無駄に直進して加速、コースアウトの憂き目です。

しかし、ストックを突きさすことで、瞬時にスキーの向きが変わります。向きが変わるということは「迎え角」が生じることを意味します。ブレーキ体制が瞬時に整います。
非常に重要な手の動きなのですが、多くの「指導者」はそれに気づいていませんし、おそらくこのことについての重要性を語るイントラはほとんど存在しません。
しかし、コブを上手に滑る人は間違いなく突き刺されたストックを垂直状態にキープして押し突き、小気味よい回転操作につなげています。
私が絶賛する佐藤麻子氏のDVDでも全く同じ「垂直キープ」が見て取れます。


そのストックワークの練習方法をご紹介しておきます。



こんなヘンテコな練習、カッコ悪くていやだよ

なんて声が聞こえてきそうですが、足元操作云々の前に、ボートのオールのごとくしっかり突き刺し、自動回転を引き起こすのです。
ストックを使うことがコブ滑走においていかに重要か、それをしっかりと体感することが可能になります。



ところで、業界の人たちは技術的に劣るスキーヤーが物言うことを良しとしない傾向にあることは百も承知です。

云いたいことを言う前にプライズをとってから

などという論も散見されます。

私は1級取得後、一時期準指導員を目指そうと思ったこともありましたが、やめました。
プライズを目指そうと練習したこともありません。

ただ、いかにしてコブ滑走技術を伝えるかをいつも考え続けています。
夜、床について布団の中でそのことをひたすら考えることもあります。
滑走技術伝達のために、コッソリ努力しています。

そもそも、「ヘタクソは黙っていなさい」論は、指導技術論と滑走技術論が同類に扱われがちな基礎スキー界独特の悪しき仕組みが根源になっていると言えます。


1級<準指導員<指導員<テクニカル<クラウン


などという技術的序列が頻繁に語られること自体、本来的にはおかしいはずなのですが、基礎スキー界ではそれは普通のこととして扱われます。

もしその論がまかり通るなら、競泳の松田丈志選手の久世由美子コーチは教え子より速く美しく上手にバタフライを泳ぐことが求められます。
かの有名な平井コーチは北島康介に100m平泳ぎで勝利しなくてはなりません。

おかしな話ですよね(^^)

私は正直、整地をカッコよく滑る方法を教える術はもちあわせてはいません。
しかし、コブを攻略する方法については、それなりの実績を上げてきたという自負があります。

もし仮にコブ不能スキーヤーをレッスン生に見立てた「コブ滑走指導技術選手権大会」なるものが開かれ出場したならば、かなりの数の著名スキーヤーに勝利出来る自信があります(^_^)v。 業界の人には悪いのですが。

自己の滑走技術の向上のための努力をする人。
指導技術向上と顧客満足度向上のための努力する人。

本来ならこれらは明らかにジャンルが違うゆえ、棲み分けが出来てしかるべきですが、そうした考えは基礎スキー界には極めて希薄と言わざるを得ません。
デモンストレータに認定されたとたん、キャリア、経験に関係なく「大先生」に特進してしまうのですから。

しかし、本当の大先生になろうとするならば、顧客満足度の追求のための不断の努力が必要だと思います。

========
★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク