【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
淡々と語ってまいります
コブを滑れるようになると整地も上手になります。間違いありません。

基礎スキーヤーさんも、検定に受かるための整地トレーニングにばかり傾注することなく、コブ滑走によって「ポジションの安定」を図る鍛錬をされることを強くお勧めします。

いわゆる「後傾」のままどんなに振付訓練に走ったところで、滑りの根本は変わらないと思います。

全ての原因はここにある

と語るかの名スキーヤー渡辺一樹氏の言う通り、上手くできない理由は、いいポジションに乗れていないからであることが殆どといっても過言ではないでしょう。

キレがない、迫力がない、妙にまったりしている

それらの外見上の不安定さ、カッコ悪さは、不自然に腰を落とした後傾ポジションである可能性が極めて高いのではないかと個人的には思っています。

コブを滑るためにはポジションの安定が求められます。

急カーブ
急降下
衝撃
目まぐるしい左右の移動

これらが複雑に絡み合ってスキーヤーに襲い掛かります。

転ばせてやる!!!

とばかりにうねる地形がスキーヤーを揺さぶります。

そんな揺さぶりにビクともしない強くかつ安定的ポジションがキープできるようになれば、整地での滑りにも驚くほど余裕が出てきます。

整地ならば、多少後傾でもさほど不自由は感じません。でも、それではいけません。
不安定になればなるほどポジションの適性化が求められます。

やはりコブを練習することで、ぶれない、強い、安定したポジションを体得していただきたいと思うのです。

間違いなく効果があがると思いますよ。


ところで


基礎スキーは大学生の就職活動に似ているように感じます。

10月12日付の東洋経済オンラインで少し興味深い記事を見つけました。

落とすための採用活動はやめるべき

ターゲットとなる大学を内々に定めているにもかかわらず、すべての4大生にチャンスがあるかのように門戸を開く(開かせている)就職ナビの存在です。

就職ナビによって、建前上はすべての学生が超一流企業を志望することが可能となっています。
しかし本音は違います。

事実上の門前払いが存在するのです。

でも企業側も本音を言わないので、多くの学生が人気企業に殺到し、一生懸命美辞麗句を並べ、自己PRに努めます。
ほぼ可能性がないのにもかかわらず、採用側の本音を聞くことができない学生は必死に一流企業を目指します。

あえて所感は述べませんが、検定シーンにおいてもまた、同じようなことの繰り返しのような気がしてなりません。

========
★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声



スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク