【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
技術の使い分けを強要してきたことが悪影響を及ぼしてきたのでは
最近では話題にのぼることさえなくなってしまった「自然で楽なスキー」こと、「ハイブリッドスキー」。

あれほど騒がれ、
  

が語られてきたにもかかわらず、関係者は何事もなかったかの如く、「ナにそれ?」忘れました(^^)の開き直り。

この最大の元凶は「技術の使い分け」を強要してきたことだと私は思います。

私はこれまでのスキー人生で4回スキースクールに入ったことがあります。

1992年1月 草津高原ユースホステル(友人と)
2008年2月 木島平スキースクール
2008年3月 木島平スキースクール(2級受験前) 
2009年2月 木島平スキースクール(1級受験前)

1992年に入校した時、イントラに連呼されたのは


ストックは前!!!

すぐに手が両側に広がってしまう癖をひたすら指摘されました。

昔はスキーの回頭性能が悪かったので、もれなくストックを前につき、強制的に重心移動を引き起こし、かつ抵抗を生じさせターンのパワーにつなげていました。
ストックを前方に強くつくことは必須のテクニックでありました。

しかしカービングの台頭により、ストックを突き回転させることはダサいという風潮が広まりました。
常に「最新技術」を追いかける(^^)日本の業界。上意下達式のスキー業界はもれなくそれに従い、一般民衆も洗脳されるようにそれに巻き込まれました。(涙)

ストックは軽くタッチ。
ブーツの後ろに触れるように

しかしそこに悲劇が待っていました。

ひとたびストックは突かないと刷り込まれた一般スキーヤーは何処へ行ってもストックを突きません。
いいえ。突くことができなくなってしまったのです。

昔はいつでもどこでもストックを突くことが求められましたが、カービングになって以降、「整地ではストックは突かないが、コブでは突く」という技術の使い分けを強要されることとなってしまったのです。

しかし、一般スキーヤーにそんな器用な人は多くありません。

突かない!と教わった人は、コブでもまずストックを使うことはできません。
頭ではわかっていても、できないのです。

何故ならスキー操作における多くの動きは無意識の中で繰り出される連続運動だからです。
ストックの構や動かし方は、ひとたび癖をつけるとなかなか矯正することができないものです。

有名元デモが著した

「ガールズスキーレッスン」

なるハウツー本がありました。
その本の中でも、ハイブリッドスキーの申し子でもあった同氏は、とにかく「ウチアシ」を強調していました。

初歩の緩斜面のターン練習において、うち足に重さを乗せて、外足を伸ばしバランスをとる


そんな記述が実にまじめに語られていました。

曲がるときはウチアシ。ブレーキを掛けるときはソトアシ。

そんな無駄な使い分けを初心者に強要させるとは、なんとも罪な話だと感じたものです。


ストックしろ、ウチアシにしろ。

格好つけて、あまり役に立たない「最新技術」を無駄に追い求めるのではなく、ただ単にスキーの楽しさを伝える。
それだけで十分なのです。

私たち愛好家の多くは所詮レジャースキーヤーなのですから。(^^)


========
★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト


プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク