【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
回転半径を小さく規制する
コブ談義花盛りな昨今、いかがお過ごしでしょうか。

それだけ多くのスキーヤーがコブ克服に頭を悩ませていることの証しと捉え、少しでもお役に立てますよう、変わらず淡々と持論を語って参ります(^_^)v

さて、

こぶがうまくいかないのは地形によって滑るラインが完全に規制されているからだと述べました。

それゆえ、整地で基礎訓練をやったとしても、コブに直結しにくいとも述べました。

基本は、 通常ではありえない小さな回転半径でターンをする練習が必要です。

名付けて

その場で回れ右ターン




勢いをつけてやると、横着して?内倒させて曲がろうとしてしまいますが、それでは練習になりません。完全停止状態からやるのが重要です。

可能な限り助走をつけずにその場で 向きを変えるという練習です。

ストックをしっかり前についてテールエッジを解放しながら 一瞬で くるりと回る。
スキー用語で言うならば、ニュアンス的にはピボットターンということになろうかと思います。

実はこれがとても難しいのです。

その場で一瞬で回って下さいと言っても ほとんどの方が 、長い助走をつけて 「いちにのさん!」で回ろうとします。

結果的にスキーが 無駄に長く直進し ターンに入るまでにかなりの時間がかかります。

コブの中ですぐに外にはじき出される症状と全く同じ結果になってしまうのです。

さらに厳しい条件に設定するならば、整地で規制を加えて練習するのが得策です。


自分流のタイミングでターンが出来ないコース設定です。

具体的には、通常ではあり得ない間隔でのポールセットです。

コース長は短くてもいいので、幅もピッチも可能な限り狭くセットし、コースアウトしない小回りを鍛練するのです。

スキーヤーは否が応でもウェーデルンを強いられます。しかも決められたタイミングで。


常設モーグルコースを持つスキー場には、是非コース脇にコブ練習用ポールレーンを作って頂きたいと思いますね~。

かなりの効果を発揮する整地練習になること請け合いですが。

無理かな?



========
★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声




スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク