【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
曲がっている限りそれはブレーキがかかっていることを意味します。
ブレーキはダサいと信じ込んでいるスキーヤーが恐ろしいほどに多いことに気づかされる昨今ですが、ブレーキとは何か、その定義があいまいなのがイケマセン。

多くの業界人はコブでのブレーキ=横滑り

と決めつけてしまっているきらいがありますが、それは間違った考え方と言えます。

ハッキリ申しまして、直滑降でない限り、スキーは常にブレーキがかかっています。
それは言い換えるなら、「ズレ」による除雪抵抗が生むブレーキです。

フルカービングとかいって、上級者を強調するスキーヤーも、本人はズラしているつもりはないのでしょうが、実はしっかりとズレています。遠心力がかかって、外側に押し出す力がかかっている以上はズレ(=除雪抵抗)が必ず発生しています。

ただ、エッジが雪面に深く突き刺さっているので、まるでズレていないかのような錯覚に陥っているだけなのです。

カービング(抉る)挙動が発生した時点でそれはブレーキがかかった状態となるのです。コブではどんな滑りを実践しようとも、適切なブレーキがかかるからこそ暴走しない滑りが可能になります。


1級検定攻略DVDを見ていますと

横滑りの連続とみなされると加点は期待できない

みたいな解説が見られます。

もちろんそうです。

かといって、縦に落として行こうとすれば、それは暴走につながりこれまた脱線&DNFの可能性大です。
横滑りを連続させていった場合にくらべて大変なリスクを伴います。

微妙なさじ加減が必要です。

縦に落ちているか

横ずらししているか

それらを判断する見た目の境界線は、ズバリ

水平ライン

にあります。

コブ斜面であからさまな横滑りを行うと、かかと加重によってスキーの先端が上を向きながら底へ落ちていく動きをします。

よくいうところの「スイッチバック」の動きです。

これは確かに最もブレーキ力が強く、モーグラーであっても緊急回避時には駆使するテクニックです。

でも見た目は完全にブレーキオンリーであり、滑っているとはみなされません。

しかしスキーの先端が「水平線ライン以下」の向きであれば、意外と「横滑り」してるようには見えません。
強いズレを伴いつつも、スキーはわずかに前進しながらテールが雪面を削っており、下から見たときの印象は、かなりいいものです。

受講生スキーヤーさんの以下の2つのすべりを比較してみましょう。

こちらは完全横滑りです。

先端が上を向きながらかかとのみで雪を削っています。


いっぽう、こちらはスキーの上向き加減がすくないすべりです。

前者の動画よりもより急な斜面(25度)での撮影ですが、横滑りの度合いはかなり緩和されていますよね?


この滑りがさらにスキルアップすれば、スキーはさらに下をむくようになります。

【おしらせ】
コブ滑走訓練所所長は所用により11月30日夜から12月16日まで、海外出張のため、メール通信環境のよくない一帯へ滞在いたします。講習申し込みは、可能な限り11月29日までにお願いできれば幸いに存じます。
2月第一土日までは満員の日も含め、各日程ともたいへん込み合ってきております。どうぞよろしくお願いいたします。



========


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク