【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
「踏む」よりも大事なこと
よくコブの指導で

もっとソトアシ踏んで


とか


ウチアシもしっかり踏んで


とか


耳にしますよね?

しかし踏めと言われてもどうにもならなない、ただスキーが前に滑っていくばかりで一向にスピードが落ちない。

そんなひともおそらく少なくないと思います。

踏むというアクションはつまるところ、圧力を増大させて、抵抗を強めるということになります。

抵抗を強めるためには、足を伸ばすことが基本です。スキー用語でいうと「伸ばし荷重」です。でもただ伸ばしていればいいというわけではありません。

伸ばすことによって抵抗を増すためにはあくまで曲がった状態から伸ばしていく過程が必要です。

カービングしているときは遠心力が働きます。なのでその遠心力に対して足を伸ばすことで抵抗が増大し、ズレが生じ、同時にスキーにたわみが生まれます。スキーヤーへのターン運動がもたらされます。

いっぽうスキー業界には「曲げ荷重」という言葉も存在します。
しかし、足を曲げるという行為は抵抗を減少させることにつながりますので、常識的にはそうした概念は間違いではないかと私は常々思っています。(単に表現方法の問題かもしれませんが。)

物理的に言って、足が伸びた状態から曲げる動きをすると、明らかに抵抗は減少します。
コブでいうなら「吸収」です。伸ばした足がコブの底に着地し、その衝撃を減殺させるために足を曲げ、滑走の妨げになる余計な力を逃がしてやる必要があります。

体重計に乗ってみましょう。

足を曲げた状態からグッと伸び上がると、目盛りが2-3kgプラスに振れるのが確認できます。

逆に足が伸びた状態からグッとしゃがみ込むと逆に1kg程度マイナスに振れます。

つまりスキーに抵抗を与えるためには、足が曲がった状態から伸ばす過程が必要になるのです。

ただ突っ立っているだけでは、自分の体重以上の圧力を掛けることは不可能であり、つまり踏むという行為を成し遂げるためには「伸ばす」運動過程が必要なのです。


しかし

コブでブレーキが掛からず困り果てている人への必要条件の第一歩は「踏む」ことよりも重要なことがあります。

それは進行方向に対して「迎え角」を常にキープすることです。

コブにおけるスピード調整は、まずは迎え角の調整。次に適度に迎え角を保ったうえでの「伸ばし荷重」の調整です。

ズレを伴わず暴走している人に対してどんなに「外足を踏め!」と絶叫したところで、絶対にスピードは落ちません。

「踏む」前に大事なこと、くれぐれもお忘れなきよう。。。。。。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク