【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブを教えているのを見かけないのは単刀直入、イントラとしての体裁が整わないから(^^)
今日チューンナップに出していたスキーブーツを取りに行ってきました。

2年前履き心地のよさにほれ込み衝動買い的行動にでたものですが、あまりに踵よりに重心があって、コブを滑るには全く役に立たない代物でありました。

しかし、処分するのはもったいないと、山ノ内町の名店「ハンドエス」さんにお願いして前傾角を強めるべくチューニングをお願いしたものです。

測定器での計測の結果、ヒールパーツで5㎜、インナーパーツで10㎜、合計15㎜のヒールリフトアップが必要との結論に至り、本日無事引き取り完了です。






しばらくマスターとコブ談義。
元スキーメーカー勤務で、競技スキーの世界出身とのこと。
コブなど出来ないと仰っておいででした(^^)

私もついつい熱弁にスイッチが入りまして、我流コブ指導メソッドを披露させていただきました。

マスター曰く

あまり耳にしたことのない面白い指導法ですね


それもそのはず。
誰も気づいていない、でも上手い人全てが無意識に行ってるコブ滑走原理を言葉に変えて説明しているのですから。


さらにマスター。


志賀高原の一ノ瀬、高天原にもコブ斜面はありますが、コブレッスンをやっているのなんて見たことがありません。


それも仕方のない話です。

コブに対応した明確なの指導技術を持たない指導員が大半を占めるゆえに、生徒さんをコブ斜面に連れて行ったところで、手も足も出ずに困り果てるのが目に見えています。

コブを教えているのを見かけないのは単刀直入、イントラとしての体裁が整わないからといえるでしょう(^^)

1級にコブ種目があるのに、決まり文句は

「コブは本数稼いで慣れるしかない」
「整地の小回りを徹底的に練習するのが先決」

の指導文句に終始するばかり。

しかし私に言わせればそれは「指導」でも何でもありません。上手く対応できないことを正当化する「逃げ口上」といえるでしょう。

痛々しいトホホな世界ですワ。(^^;)



★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク