【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
予備校講師とスキーイントラ
無資格イントラの是非について述べましたが、これは学校の教諭と塾&予備校講師の比較にも似ているといえます。

予備校講師や塾講師になるのに教員免許は不要です。

私の高校時代からの一番の親友は栃木県内で中学受験専門の進学塾塾長です。
以前は社会科の教鞭をとっていましたが、今は管理職オンリーのようです。

でも彼は教員免許などは所持していません。

中学に合格させるという使命を達成しさえすればいいので肩書は一切不要で、単に実力、実績のみで塾生を募集するという厳しい世界の中生きています。

YAHOO知恵袋にもこんな質問が数多く掲載されています。

スクリーンショット (66)

そのベストアンサーはこれです。


====

予備校講師になるのに、教員免許は必要なものではありません。
なくても予備校講師にはなれます。
教員免許を持っていると、予備校講師の採用に格段に有利というわけでもない。
給料に反映されるわけでもない。
という場合がほとんどです。
教員免許が邪魔になるわけではないですが、なくても平気です。
それよりも実力ですね。
高校の先生は、当然、教員免許は必要ですよ。
高校教師も視野に入れておられるのですから
教員免許はとるべきだと思います。

予備校講師になりたければ
学生のうちから、塾の講師のバイトをして
講義術を磨いておかれたらいいかと思います。

絶対必要条件。
教える科目の広範囲で高度な知識。
入試問題をどれだけ解いているか。
知識をわかりやすく伝える技術。
どれだけ賢くても、知識があっても
それを人に理解しやすい言葉で伝えられなければ
講師としては一流になれないですよね。

=====

私が思うに、スキー指導者ももっとプロフェッショナルな分業化を進めてもイイのではないかと思っています。

私はコブしか教えません。

子どもを相手にすることはありません。
常にコブ斜面とリフト乗り場の行き来です。

三本の矢とか
シュテムとか
プルークとか

一切関知しません。

コブが出来ない人に光明を与えるという極めて限定的な技術指導のみを請け負っています。

スノボの指導員がいて
テレマークの指導員がいるならば
コブ専門の指導員が存在しても不思議ではありません。

谷回りなど一切関係ありませんし、
ストックを突きまくっていますし、
激しい上下動でターンしますし、
ブレーキかけまくっていますし。

整地滑りではNGと言われる技術論を徹底的に味方につけなくてはコブ攻略はありえません。

講習中頻繁に

検定ではNGと言われるかもしれませんが、重要なことですので頑張って身に着けてください

とお話ししています。

もはやコブ滑走指導は基礎スキーとは別次元のものと言っても過言ではありません。


以前指導員資格について準指導員の下のランクである「認定指導員」制度が設けられました。

正指導員の上のランクとして「専門指導員」の設置が検討されました。

しかし専門指導員については実現しませんでした。

滑走技能の優劣だけで肩書だけ与えたところで、専門的技術の指導実技が満たされるわけもありません。
そうした理由でおそらく廃案になったのだと私は勝手に察しています。

でもこの際

プライズ合格対策専門指導員
不整地小回り対策専門指導員
バックカントリー専門指導員

そんな指導技能資格を本格的に検討し、実際にそうした技能を有した指導員を養成してみてはいかがでしょうか。

スキー産業の普及振興を担う団体として、ニーズに応える体制を今一度整備しなおすべきだとも思うのですが。


さもないと、本当に近い将来、「黒船」の波状攻撃に撃沈されてしまうかもしれません。

おそろしやー・・・・・・


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク