【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
「技術はたえず進化する」と言うが、指導技術は一向に進化せず(^^)
スキーほど道具の進化により技術が絶え間なく変化し進化するスポーツはない

とまじめに言い放つ輩が多いようですが、実に滑稽な話だと思います。

滑走技術の根源に関してはハッキリ言ってほとんど進化などしていません。
物理の法則によって支配された普遍かつ不変の技術が奥底に根付いています。

SG誌の今号にはSIAの指導メソッドについて紹介する記事が掲載されていましたが、これまでのハイブリッドスキーに代表される、受講者がお仕着せの「戯術」に惑わされ、毎年違う滑りを強要されてきた奇妙極まりない風潮をバッサリと斬りおとしています。

大体、技術の進化とか言って、毎年違う最新の滑りを教えてくれる割に、教える側の指導技術については全く進化していない事に関しては何とも感じていないところが実に痛々しい限りでもあります。

たとえばコブ指導の常套句である

ストックはコブの頭に突く

という表現。

大体、コブの頭など何処にあるのでしょうか?
深い抉れた急斜面のコブならまだしも、20度程度の溝コブにおいて、コブの頂点などという場所を特定することは不可能です。

コブの頭という言葉は、かつてのノーマルスキー時代に主流だった「お椀型コブ」の「山頂」を意味するものでした。
その表現方法がいまだに踏襲されていると察せられます。

技術は進化すると強調する関係者ですが、指導方法については昔も今もなんら進化していません。
スキー雑誌のボンクラ振りがそれを如実に物語っているといえます。

指導員研修会を開催されるならば、いっそのこと旧来の上意下達式ではなく、それぞれのスキー学校同士で事例発表などと行い、指導技能向上のための「ワークショップ」を組み入れるべきだと思います。

手本滑走の体現にばかり傾注するのではなく、お客さんのサービスこー上のために不断の努力をしている優秀校や人気インストラクターによる発表を通じて切磋琢磨する機会をもっと増やすべきでしょう。

検定マニア以外、おそらく多くのスキーヤーは最新の技術などには興味はありません。
最新の指導技術の登場を待ち焦がれているのではないでしょうか?

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク