【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
上下動はいいのか悪いのか
ヤフー知恵袋って面白いですね。

上下動はいいのか悪いのか
ストックを突くことはいいのか悪いのか

どちらが良いのか訳が分からなくなって質問されるスキーヤーさんの多いこと。
そうした無用の混乱はいわずもがな「検定ありき」の杓子定規な指導にあります。

諸悪の根源であります。

あの先生はストックOKといわれたのに、こっちの先生には駄目といわれた。

大抵のお落としどころは決まって


「適度なXXはOK」


と相場が決まっています。

実はこれが多くのまじめなスキーヤーを迷わす原因でもあります。

デモンストレータの滑る小回りは無条件でOKとしておきながら、一般スキーヤーが滑る小回りは「ブレーキ過多」ないし「暴走小回り」と烙印を押されます。

微妙なさじ加減が出来ずにいつまで経っても70に達しないという憂き目にあう検定スキーヤーの多いこと。

ああすればこう言う。
こうすればああ言う。

駄目だしばかりで許容範囲が狭すぎ、物言えないスキーヤーはただただ路頭に迷うばかりです。


雪上の自由を獲得する

という技術向上の根本的な部分を鑑みるならば、基本的にノーマルスキー時代の常識とされていた技術論は全て正しいのです。

昨今行われている「駄目だし指導」の多くは、ハイブリッド時代の名残であることを肝に銘じる必要があります。
レッスンを受ける人はイントラに大して常に斜に構える位の気持ちを持って接するべきではないかと思います。

駄目だしされたなら、まずは

何故駄目なのか?
自分の技術にどのように有益なのか?

その部分を徹底的に突っ込んでみるべきなのです。


検定には興味がない

と言うと不機嫌になるイントラも稀に居るようですが、そのような人には、一般レジャースキーヤーを指導する資格はありません。


多くのスキーヤーが目指すのはあくまで

雪上の自由人

でしかないのですから。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク