【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブを滑るための大原則を今一度
毎日新規のご予約を頂いています。
ありがとうございます。

申し込むべきかどうか、二の足を踏んでいる方もいらっしゃるかとは思います。
誤解があってはイケませんので、コブを滑るための大原則について今一度おさらいをしておきたいと思います。

コブを滑るという行為は大前提として、ブレーキ力の調整によって行われるものだということです。
「コブで加速する」など自己陶酔したような技術解説を述べるデモンストレータも存在しますが、そのような戯言は一切無視しましょう。

そして「小回り」を自由に操れることが必須となります。

ここでいう小回りとはSAJ検定における「小回り=ショートリズムターン」ではありません。
旧来の「ウェーデルン」を指します。

私が言う「コブ滑りは別物」の核心はここにあります。
世のスキーヤーのスタンダードが「検定ショートリズムターン」一色であるがために、あえて「別物」と称しています。この点をお間違いなきようお願いいたします。

ウェーデルンはショートリズムターンよりも切り替えが急激です。テールを一瞬で横に向けるターンです。多くの人はこのようなターンが苦手です。
このターンの最大の特徴はショートリズムターンに比べると挙動変化が急激です。
そしてこの動きは「ストックを強く突く」ことによってより効果的に実現されるということを肝に銘じる必要があります。

何故急激な挙動変化が必要なのかというと、コブでは自分のタイミングでのんびりショートリズムターンをしている暇はないからです。
しかも、加速を防ぐために、常時左右どちらかにターンしている状態を維持しズレを継続させる必要があるのです。

多くのスキーヤーは切り替えが緩慢で、SJ的「ニュートラルポジション」が無駄に長い傾向にあります。

左右どちらにも曲がっていない状態が続くと自動的に加速しコースアウト目指して一直線となります。
これがあるからコブが上手くできずに困る人が多いのです。

ポイントは

直進状態を限りなくゼロにする


ことを目指していただきたいと思います。

そのためには、ストックでの瞬時の切り替え動作を行うのです。

ストックに寄りかかってブレーキを掛けるというよりも、ストックを突くことで自動的にターン(瞬時のズレ発生)をする動きが生み出されるということです。

そのために徹底した訓練を行うのが木島平コブ滑走訓練所なのであります。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク