【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
左ターンではしっかり乗り込める。右ターンでは乗り込めない。さあどうする?諦めましょう(^^)
コブでのターンをするにあたって、多くの人がぶち当たる壁があります。

それは

左右不均衡

簡単に言うならば

ターン時にブレーキがよく掛かる方とそうでないほう。

多くの人が右利きですが、その場合、右外足左向きターン時にはしっかりと右足に乗り込みエッジを利かせて気持ちの良いターンが出来るのですが、逆方向ではそれが出来ません。

右に向いた時に、十分に乗り込めず、体を傾けてターンしてしまう症状が顕著に表れがちです。結果、

左ーターン=ブレーキ強
右ターン=ブレーキ弱

という症状が多くの人に現れます。

左右均等でターンできればいいのですが、実際はかなり困難が伴います。
せいぜい捻り姿勢を強めてズレ幅を増大させる、それくらいしか出来ません。

残念ながら、その「欠点」を完全に補うことはほぼ不可能です。

毎日スキーをして、頂点に上り詰めているあの人でさえ左右均等ではないのですから。

以前紹介したこの動画。


一部のスキーファンの間では、結構話題になったようですが、露骨に左ターンでブレーキを掛け、右ターンで走る。
そんな左右不均等なターンが行われています。
見事なまでに左ターンでは先落としが行われていないデモらしからぬ滑りに、一部のスキーファンからは驚きの声が上がっていたようです。ひょっとして、足を負傷しているのか?片斜面なのか?
それ位に「オイオイ!」と物議を醸した滑りだったといえます。

これに95点とか94点とか。
結局はジャッジでさえも、滑りの細かいところは見逃していて、ネームバリューーによる「肩書採点」が平然と行われていたということを意味しています。

ナショナルデモでさえ左右不均衡なのですから、一般スキーヤーならますますその傾向が顕著に表れるのは自明の理。

気にしない、気にしない。(^^)


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声




スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク