【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
足の曲げ伸ばしでどの程度の前後重移動があるのか実験してみた
足の曲げ伸ばしは何故必要なのか?
それは単純に体重移動をもたらしパラレルターンを容易にするためであると考えます。

では足の曲げ伸ばしでどの程度の重量配分の変化が起こるのか?
体育大学の教授でもない限り、実験した人はそうそういないとは思いますが、今日は1か月半ぶりにお客さんがゼロの日でしたので、談話室に実験装置を持ち込んでやってみました。(笑)

体重計を2台用意します。
体重計の真ん中に2x4材を乗せます。
スキーの接地点が2x4材の中心が来るようにスキーを乗せます。
スキーブーツを履いて実際に板に乗ります。



前後の体重計に荷重量が表示されました。

かあちゃんと娘の力を借りて動画を撮影しました。





後ろ


結果はこの通りです。


かがんでいる状態 約34kg
伸びた状態の最大値 約44kg

後ろ
かがんだ状態 約45kg
踵がリフトアップする瞬間 約51kg
伸びた状態の最小値 約23kg

静止状態での前後重量配分は34:45。
100分率で表すならば43:57となります。

ちなみに前後重量配分が回頭性能に大きく関係するクルマの場合はこんな感じです。

ホンダ S660 41:59 
トヨタ ハチロク 53:47

動画ではかかとを力点とした上下運動ゆえに、リアの荷重変化がより顕著ですが、同時にトップ側の荷重もめまぐるしく変化しています。

この運動では単に上下動のみを意識しています。
ですが、上下に動く方向はブーツの前傾角に沿った斜め方向への往復運動です。したがいまして、実際にスキーを装着した状態では引き戻す動きも加わり、トップ側の荷重はより大きく振れるものと予想されます。

分かりやすいように多少大袈裟な上下動とはいえ、足の曲げ伸ばしによって体重移動が起こり、ターン時のスキーの引き戻し、ひいては、先落としが自動的に行われるということをご確認いただけたことと思います。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク