【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
〇〇ひろしがマイクを持つと谷回りでズレる
コブを支配するためには、常に摩擦抵抗&除雪抵抗を維持することが肝要です。

ハイブリッドスキー時代には、さかんにこんな技術論が叫ばれました。


谷回りでしっかりとズラしていく


これには当時大変な違和感を覚えました。

一般的には谷回りとはターン始動時から、フォールラインに向くまでの加速局面を指すものであり、ズレを伴ったブレーキは山周りで起こるものという考え方です。

普通の整地の滑りではもちろんこれでいいと思うのですが、コブにおいては加速防止のため、ターン中は出来るだけ早い段階でズレを伴った「除雪抵抗」を求めたいものです。

カッコつけるならば

谷回りでズラす


ということになろうかと思います。

ただし、足元操作に頼って谷回りでズラすという動作は、ハッキリ言ってかなり難しい技といえます。
しかしコブで求められるある姿勢をとることで、足元操作に頼ることなく、簡単に「谷回りでズラす」挙動を感じることができます。
いや、谷回りかどうかは、ハッキリ言ってどうでもいいのです。

重要なのは、ターン始動時からの除雪抵抗発生→ブレーキということです。

それは単刀直入

〇〇ひろしがマイクを持つ


だけでOKなのです。

その動画がこちらです。


腕を前方に運ぶ動きをさらに強めると、ズレの起こり方がより強く明確になります。


チャラ男系元デモの演じるコブDVDでは

先行動作

という呼ばれ方をしています。

同氏はスキーを下に向けるための必要運動要素という説明をしていますが、単に「下を向ける」のではなく、出来るだけ早くテールを振り除雪抵抗を発生させるための運動であることを忘れてはなりません。

ソトアシを踏む ことなく、スキーを動かす
ことなく、ズレを伴ったターンを行うことが可能になります。

過剰に体が回ってしまわないよう、頭頂とストックグリップを結んだ延長線が常にフォールライン方向を向いていることを意識し、強いズレ(除雪抵抗=ブレーキ)を心がけましょう。

この姿勢を連続させかつストックをしっかり突くことで、さらに強く早くターンが行われることは云うまでもありませんね(^^)

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク