【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
トランポリンと「吸収動作」
コブを滑るうえで重要なことについては多くの方が語る通りです。

ズラす
トップを下げる意識
テールをお尻に近づける意識
上体をフォールラインに向け続ける
吸収動作
ストックワーク

しかし重要なのは、それらの動きの結果何が起こるかということです。

コブにおいてはとにかく加速しないということが最重要課題ですのであらゆる方法を駆使してスピードを殺すための操作を行います。

そのためにはできるだけ接地圧を失うことなく、まずは除雪抵抗を働かせてのブレーキを駆使します。主にこちらは基礎系と呼ばれるスキーヤーの手法です。
スライド系などとも呼ばれます。一番汎用性のある手法と言えます。

そしてもうひとつはバンク系です。
除雪抵抗はもちろんですが、左右に振るときに発生する遠心力をコブの縁に向けて作用させて減速させる方法です。
コブの初心者には、あえてコブを避けながら超小回りをすることで、落差のないターンをすることが可能になりますが、ニュートラルポジションが長く、横幅が狭いアイスバーンではほとんど役に立たない手法と言えます。

さらにもうひとう、いわゆるモーグル滑りである「ポーパスターン」と呼ばれる手法があります。
除雪抵抗とさらにコブ底にぶつかるときに発生する「衝突抵抗」を活用して減速する方法です。
ゆっくり滑ることが不可能な、相当な熟達者でなければ危険を伴う滑りといえます。

しかしながら、いずれの場合もスキーが地面から離れることなく常に接地圧をキープすることが非常に重要です。

コブでは大変な起伏を通過しながら前進していきますので、スキーヤーは上下に揺さぶられ、「脱線」の危険にさらされながら滑ることになります。

特に、コブの底にぶつかった瞬間に上に向かって弾かれるような挙動に対しては、体が浮かされないようにするためには一定の姿勢を取る必要があります。

それが吸収動作です。

吸収動作は、スキーを常に地面に張り付けておくための手法であることを忘れてはなりません。

トランポリンをイメージしてみましょう。
どこかで体験したことのある方もいらっしゃるかもしれませんが、反発の瞬間、足を延ばしたままにすると、跳ね返り運動が連続します。ひたすらピョンピョン跳ね続けることになります。

もし途中でやめたいと思ったらどうするでしょうか。
ある程度トランポリンに慣れてきた人なら、おそらく反射的に、反発の瞬間、膝をまげて上方へ跳ね上がることを防ぐ運動を行うはずです。

コブにおける吸収動作もこれと全く同じです。

コブから跳ね返されまいと、吸収動作を行い、減速へつなげる動きを行うのです。

しかしこれについては考えながらできるものではありません。
トランポリンと同じく、一定の習熟の結果、反射運動として身につくものです。

なので、

トップを下げるとか
エッジを立てないとか
切り替えの瞬間スキーの先端が3-40cmコブの落ち込みから飛び出すのを待つとか

言われてもなかなか体現できない「運動の結果現れる形」については、とにかく自動化できるまで辛抱して練習を積まなくてはならないのです。

習っても上手くならないのは、単に練習が足りないからです。
その練習のお手伝いをするのがスキースクールなのです。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク