【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
縦溝コブではテールを振ってはいけません
コブは形状によって滑り方を変える必要があります。

縦溝コブは何処でブレーキを掛けるのでしょうか?

よくある質問です。

実に悩ましい問題でもあります。
しかしブレーキの掛けどころは確実に存在します。

まず考えるべきは縦溝コブは、一番最初に痕を付けた人が、あまり大きくテールを振ることなく(ブレーキを掛けることなく)滑った結果、縦長になってしまたものという事実です。

なので、このような溝でコブの成長過程を無視するように、テールを大きく振ってしまうと、トップとテールが無駄に引っかかってしまい、ターンを連続させることが出来なくなってしまいます。




やはり形状に合わせた滑り方をする必要があります。

大前提として、ブレーキを強く掛けることなく滑ったということは、縦溝コブは、往々にして斜度がそこまできつくない斜面に出来ています。

なので、ここは勇気をもってスキーを縦に向けていきたいところです。

しかし直滑降をするわけにはいきません。

U字溝の内側に存在する土手を狙って、スキーのテールではなく、前半分を使って

土手を崩すように

乃至

通り道を拡幅するように

削り取っていく必要があります。

決してスキーを横に向けてはいけません。

恐いので、できません。

とはおっしゃらないでください。

恐くない「細切れ」で練習しましょう。
考えながらできる範囲を越えないこまぎれで練習しましょう。

こんな感じで。


昨夜のビデオミーティングの様子
P3180044.jpg
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク