【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
力を抜くと痛い目に遭いますよ(^^)
多くのスポーツにおいて、成功の秘訣はとにかく「力まずリラックスして云々」ということが語られます。

しかし,コブにおいてはちょっと違うような気がします。

殊にストックワーク。

目前に襲い掛かる敵(=コブ)と戦うためには、ストックが強力な武器となります。
端的に言うならば、

力を抜くと痛い目に遭う

ということです。

実際、ストックに力が込められていないとどうなるか?
衝撃映像(?)を収めることに成功しました。

本日、遠く山陽地区からご参加のXさま。

ストックを突くということに関しては全くの自己流でしらっしゃいました。
当然「突き刺す」とか「打ち込む」とか「強く握る」などということに関しては考えたことがないという方です。

ストックを突くたびに掌が開いてしまう癖をお持ちでして、強いストックワーク自体大変苦手でいらっしゃいます。

力が込められていないと、何かと不都合が多いのです。

木島平のコブも猛烈なえぐれ方をしていまして、コブのそこに着地するたびに衝撃が体を襲います。
狭い回廊のごとく、両側にはコブの壁が立ちはだかります。

ストックを適当に構えているだけでは、コブからの波状攻撃を浴びて、時に痛い目に遭うこともあります。
しっかりと構えてコブからの攻撃に備えができていなければ、このようにストックが地面に衝突した反発でカウンターパンチを食らうこともあります。

この症例を受けて、多くのスキーヤーが、ストックの長さが問題と考え、短くする方向に走りがちです。

しかし私はそれに反対です。

もっと力を入れてストックを突くことをまずは考えるべきです。

短くしてしまうと、吸収動作の後のストック突き刺し→伸身→足のばし→スキーの先落とし運動がやりにくくなります。

短くしすぎると常に足が曲がって腰が落ちた状態で滑る癖がついてしまいます。
足が曲がるとテール側荷重偏重となり、結果的にスムーズなターンに不具合が生じます。

目指すべき滑りがモーグル滑りならそれもOKです。

しかし、目指すものが一般的ないわゆる「スライドターン」であるならば、短くするのは却って逆効果です。
スライドターンは最も汎用性のある、多くのシチュエーションで通用する基本的なすべりなのですから。

そのためにはストックに寄りかかって、そこを中心に確実に回転させるターンをしっかり身につけましょう。


力を込めて突くことに徹した一本。

全体的に姿勢が安定しました。

何よりも、ストックを使わないことには、いつまでたってもズルドン滑りから卒業することはできません。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク