【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
引くなと言われてもね~(^^) 某所にてにてプライベート講習会
当初中止になってしまった熊の湯の講習会でしたが、タスマニアへの遠征中に、二年前当講座を受講いただいた方から、プライベートでもいいのでなんとか開催頂けないかとのことを要請をお受けしました。

昨日、本日と2日間、マンツーマンにてみっちりお供させていただきました。

昨日は熊の湯。さすがに基礎スキーの聖地なだけあって、いかにも基礎スキーヤーです!的かっ飛ばす腕達者さんが沢山おいででした(^^)

今日ははじめ野沢温泉を目指しましたが、長坂ゴンドラが原動機故障のため運休。
しばらく待機しましたが、らちが明かないので結局某所へと移動しました。

もちろん春のこの時期ですから、コブにばかり人が集中しています。
私同様、レッスンを施しているグループも見かけました。

よそ様がどんなレッスンをしているのか、やはり気になるところではありますので、コッソリ耳をそばだてていましたが気になったのは・・・・


相変わらずイントラが肉声で大声をあげながら遠くへ去って行ってしまう、自己中心&お手本披露型レッスン
⇒ 受講者、ポカーン(x_x)

「XXしてはいけない」や「●●すべき」などの「原因究明省略」&「結果提示」のレッスン


イントラさんは得意顔、ドヤ顔ですが、たぶん受け手はなんのこっちゃと困惑していたに違いありません(涙)

特に気になったのは。

急斜面のコブを連続ターンさせられる生徒さんにひたすら

引かない!
引かない!

を連呼するさま。

恐さが先立って腰が引けるさまを指摘してのことなのでしょうが、腰が引けてしまうその原因を取り除いたうえで適切な処方を下さないことには、なんど「引くな」と連呼しても成果は上がりません。

コブテクニック習得には、やはり障壁除去のためのあらゆる手立てを施さなくてはならないということです。
でも、その方法は決して複雑なものではなく、意外と単純なものだったりするのです。

あと。

そのイントラさん、ストックワークのことは一言も触れていませんでした。

もちろん滑りはメチャメチャうまいスキーヤーさんでした。ひょっとしたら有名人かもしれません。
当然ストックワークは基本に忠実な扱いをされていました。

残念ながらご本人は滑走の原理に気づいていらっしゃらないようです。

もったいないですね~(^^)

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク