【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
エキスパートが思っている以上に肩身が狭い思いをしている人が多い可能性が
拙者が主催するフェイスブックページ

コブが苦手な人を救う会

ここ2週間で申請が200近く増えまして、投稿も活況を呈してきました。

ところが、先日とある記事に「不適切投稿」の報告が。

当該記事を見てみますと、コブが上手な人が、スイスイ滑り降りている動画2連。
報告者からしてみますと、何を自慢しているのだ?この人は?と映ったに違いありません。

いっぽうで

どうしてスキーヤーはテクニックをひけらかし自慢したがるのでしょうか?
嫌になったので退会させていただきます

とのメッセージを2か月ほど前に頂いたことがあります。



何度も述べていますが、あらゆるスポーツの中で、ゲレンデの中を縦横に駆け回るレジャースキーほどうまい人が光り輝き、未熟な人が肩身の狭い思い気分になるスポーツもなかなかありません。

十分に上手なはずなのに、過剰にへりくだって「まだまだですが」と断りを入れる人は多数存在しますが、本当の未熟者からするとそうした謙遜はかえって嫌味に映ることもあるのだなということをフェイスブックページの管理運営を通して実感しているところなのです。

スキー雑誌でのコブ解説記事でデモが真顔で

僕ももとはコブが苦手だった

などと語る行も少なくありませんが、一般庶民からすれば

何をいうてんねん!?イヤミか?

そんな気持ちを抱かざるを得ません。

エキスパートが思っている以上に悲哀が感じる発展途上者が多いのです。


ホント難しいですね。この世界は。(^^;)


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト


プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク