【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
没個性化を推し進める悪魔のささやき ~ダメとは言わないがやらないほうがイイ
コブをスムーズにターンするためには、切り替え時のいわゆる「吸収動作」が必要になります。
ただ、それが何故必要なのか、その重要性を明確に説く人が少ないのが気になります。

それは大まかに言って二つあります。

1.スキーを先走らせないため
2.ターンしやすくするため

2についてですが、原理はこうです。
コブの底に着地して衝撃を受けると、必然的に接地圧が強くなります。接地圧が強いままだと、どうしてもスキーを回しづらくなります。
でも何が何でもすぐさま回したいので、足をまげて押し付ける力を弱め、回転運動につなげるのです。

整地で出来ないことはコブで出来ない。

とよく言います。

なので、その曲げる動作を癖として身に着けるために、ウチでは整地で曲げ伸ばしの練習もやります。

ところが、今シーズンお迎えしたゲストの中にこんなことをおっしゃる方が何人かお見えでした。

曲げ伸ばしはあんまりやっちゃいけないと習いました。

ヤレヤレ。。(x_x)

基礎スキーシーンでは度々やり玉にあがる「上下動はいいのか悪いのか?」。

ハッキリ言って、上下動がイケナイと主張する人は何をもって駄目というのでしょうか?

デモがそういうから?
検定に合格しないから?
研修会でそう習ったから?
教程に反するから?

ハッキリ言って上記の何れも理由にはなっていません。

でも上下動が駄目と吹聴された健気なスキーヤーは頑なにそれを守ろうとします。
結果、腕だけを無駄に広げ、躍動感のない紙相撲滑りへとなり下がります。
悲しいかな、駄目出し指導を受けすぎた結果、妙にこわばった滑りが癖として身に着いてしまうのです。

テールを振りまくるウェーデルン。
コブでは小さい回転弧でブレーキを掛けながらターンするという性格上、絶対に必要な動きではあるのですが、整地でこれをやると、SAJ指導員からはNGを食らうことはスキーマニアなら誰でも知っています。

駄目とは言わないけれど、やらないほうがいい。

整地での滑りばかりに傾注する、御上に洗脳された(^^)指導員は、明確な理由を示すことなくそう言うのでしょう。

しかし検定を目的にスクールに入っている人にならそうした指導文句もアリですが、必ずしもそうした検定マニアばかりではありません。

何が何でも型にはめたがる日本式の教育スタイルが、いまだにスキー界では幅を利かせていて、閉そく感を強めているようにも思えます。


大学生の就職活動もまたしかり。
先日新聞に掲載された記事です。
1G5565.jpg

ノックは3回とか、お辞儀は30度とか。

どうでもイイ枝葉な「マナーもどき」を流布しそれに染めたがる世論はどうかしています。

まるで制服のごとく同じデザインのリクルートスーツ、気品のかけらもない女子学生の後ろで束ねただけの髪型。
ネイビーのスーツに青か赤の決まりきったネクタイ。

私が就職活動をした26年前はここまでの没個性化はありませんでした。

駄目というわけではないけれど、やらないほうがいい。

本当にそうなんでしょうかネ?

基礎スキーも就職活動も。

日本はもっと自由な国だと思うんですが。

ちょっと話がそれてしましましたが、歪んだ基礎スキーシーンを目の当たりにするにつけ、そんなことをふと思うのでした。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク