【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
いかにして瞬時のズレを生み出すか。これ、かなり重要です
切り替え時の無駄な直進が危険をもたらす

これは私の首尾一貫した、かつ不変かつ不変の理論です。
無駄にまっすぐ走るから加速し、手に負えなくなるのです。

そのためにはいかにして瞬間的なずれ(除雪抵抗)をもたらすかが重要なのですが、その一つは言うまでもなくストックワークです。
まっすぐ進もうとする体を強制的にターンさせるために必要不可欠の手段です。

そしてもうひとつ重要なことがあります。

それは腕の前後の振りです。

腕を前に振ると、動かした側のスキーが勝手に前に向かって走り、ターンをはじめます。
具体的に言うと、右手の肩から全体を前に向かって振り出すと、右スキーが前進挙動を示し、結果左へ向かって曲がろうとします。

ご存知の方もおいででしょうが、この動き自体は初心者向けの指導において頻繁に行われている、簡単にターンするための必殺技の一つとなっています。

腕を前に出すことで、わずかにスキーに重さが乗って、自動的にターンが始まる、いわばカービングスキーならではの挙動変化です。

実はこのターンを誘発する動きが、コブ滑走においても極めて有効な方法となります。

ターンをしているということは、少なからず除雪抵抗が働いています。
どんなにキレキレのカービングターンをしようとも、自動的に遠心力が発生しますから、外に向かって雪を押し出す除雪抵抗が働きます。つまりズレが起こります。ブレーキがかかります。

腕の前への振り(動き)は無理やり足を動かすことなく、瞬間的にズレを生むためには有効な方法なのです。

しかしこの理屈について、コブ指導の現場で説明する指導員は極めて少数派だと思われます。

ただ、勘違いしてはならないのは、腕を振り切ってしまうと、それは回りすぎの「ローテーション」となり、強いブレーキを発生させることができません。

重要なのは、振られた腕を顔の前でしっかり止めること。

私いわく

森進一ポーズ


をしっかりとキープすることにほかなりません。

腕を止めて、外向傾を作れば、その時点でスキーは明確な迎え角をもって、強い除雪抵抗が連続します。

コブの中でのズレの維持が可能になってくるのです。

===

2018年予約先取り情報*10月20日現在

●満員の日(プライベート講習先約を含む)
1月6~7日、18日~19日、2月1日~2日

●リフト券無料提供上限人員に達した日程
1月8日~9日、22日~23日、25~26日、27~28日

●リフト無料提供残り1名さまの日程
1月6日~7日、13日~14日、20日~21日、27日~28日

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2018シーズン講習予定一覧
*11月28日までのお申込みで一日先着2名様リフト無料


➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

別館ログハウスご予約受付中 *木島平スキー場徒歩3分
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル


スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク