【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
トップダウンの行く末
組織が強大化すればするほど権力者の力が強まるのはどこの世界も同じなのかもしれません。

日本大学によるラフプレーはおそらく関係者が思っていた以上に騒ぎが大きくなり、全く収拾がつかなくなっています。
そもそも日本のスポーツ指導の主流は権力者によるトップダウンスタイルが幅を利かせています。

「ブラック部活」とも揶揄されるほどに、生徒たちを社畜の如くがんじがらめにし、束縛し、物言わせず、徹底的に圧力で封じ込め、結果として好成績を収めるという手法がまだまだまかり通る世界ですが、今回はその究極が事件となって表に出てしまった感があります。

スキーの世界はあくまで個人スポーツですから、今回の事案のようなパワハラ的指導には至りにくいものですが、それでも組織の強大化によるトップダウンは大いに当てはまるところであります。

かつての自然で楽スキーの時代には、あまりに難解かつ非合理的と不評きわまりないスキー理論だったにもかかわらず、それをなんとかして浸透させようとする連盟側と、不平が蔓延していた現場側の橋渡し的役割を果たしていたデモンストレータ達にも苦渋の様子が見て取れたものです。

雑誌の対談記事で

「ハイブリッドスキーも悪くはない。もっと理解されてもよい」

などと、決して本音ではなさそうな、いかにもお上の顔色を窺いながら語る様子が垣間見られました。

毎年のように微妙に採点基準(着眼点)が変わる教程と、それを基にした検定システムもまた、レッテル欲しさに、ひたすら教程に迎合しようと、必死になって練習する検定マニアの人たちにとっては厄介です。
文句も言いたいけれど、合格したいがためにひたすら押し黙り、言われるがまま。

技術が伴わないのに、検定攻略雑誌でひたすら「XX合格法」などと特集を組むものですから、枝葉末節な「形態模写」に走るひとも出てくる始末です。

根本が伴わない以上、何度受けても合格するはずもなく、マイナス1点のスコアにただひたすら射幸心を煽られ無駄に受験を繰り返す人が後を絶ちません。

組織が強大化すればするほど、NOと言えるチャンスが摘み取られ、上意下達に終始し、それに巻き込まれる末端のスキーヤー。
封建主義的なところはスキーもアメフトもやはり同じなのかもしれません

➡2018春月山出張講習会受付中

➡2019冬シーズン早割★申し込み受付中

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

★スキーブログランキングに参加中★
↓↓↓↓↓↓ 気になるただいまの順位は??
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク