FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブ滑走は「ターン」ではなく、結局のところ左右交互のブレーキ(調整)操作でしかない。
コブ滑走は「ターン」ではなく、結局のところ左右交互のブレーキ(調整)操作でしかない。

大前提として、コブを怖くないと思うためには、いかにブレーキを掛け続けるかが重要です。

スキー業界というのは、往々にして競争=いかに早く滑るかという考えが根底にありますので、滑走中にブレーキを掛けるということはとてつもなくダサいという先入観が根強いものです。

しかし、コブを滑るためには姿勢安定と安全各j確保のためにはブレーキは必須です。

多くの業界人は「ブレーキ」のワードに変えて

ズラス
コントロールする
重さを乗せる


などの用語を使います。
しかしその心は単刀直入


ブレーキ




でしかありません。


唯一、コブの名手と言われる山形の渡部浩二氏は10年近く前の雑誌DVD付録で

コブではいかにブレーキを掛けるとかいうことなのですが云々


と明確に述べているのが救いではありましたが。。。。。。



以前修学旅行の中学生のイントラに出役した時のこと。
とあるる別の班の女性インストラクターさんが緩斜面で暴走気味で制御不能に陥った生徒さんに絶叫しているのが目に入りました。


コントロール!コントロール!!


どうみても「ブレーキかけてスピードを落とせ」の意味で使っているのですが、スキー業界人ではない生徒さんにはうまく伝わっていません。
でも、その言葉を発しているご本人は、業界専門用語であることに気づいていないのが、少々残念でもありました。

ブレーキとコントロールは違う

という人もいますが、そんなことは業界内だけの内輪の話であって、一般人には何の意味も持たないということを肝に銘じるべきだと思います。

コブでは止めてナンボ



その考えを受容することではじめてコブ苦手スキーヤーに光明がさすのです。


【業務連絡】
1月5日からの第一回会期は満員となりました。

➡2019冬シーズン早割★申し込み受付中

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

★スキーブログランキングに参加中★
↓↓↓↓↓↓ 気になるただいまの順位は??
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト


プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

miyukinod

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク