FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

リンク

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
是非この方の話を聞いてみたいと思う
この業界には名物インストラクターと呼ばれる人があまた存在します。

そんな中でもこの方には是非一度お目にかかってみたいと思っています。

不調改善トレーナー森脇俊文の「QOL向上委員会」

かつて話題沸騰した、これらの新聞記事に対し、自らの地位や立場を顧みることなく(?)正面から解説し、大変話題になったこともありました。

2012-03-22-miuragota-11.jpg 089af20c-s.jpg


強大な権力をもつ団体ゆえに、多くの人たちが右向け右。
この教えが、いわば「推奨」、かつひとつの考えであったにもかかわらず、まるで「これこそがスキーの基本」とばかりにメディアがそちらに流れてしまったことが恐らく間違いであったと察せられます。

しかし、もともと下っ端がモノを言えない空気が圧倒的だった業界。

だれもその流れを止めることが出来ずに、客観的立場から元オリンピアンが意見陳述するに至ったのだと思います。

この暗黒の時代、スキーファン同士の一連のやりとりや、不満、不平はヤフー知恵袋や2チャンネルでさまざまな批判的記事として投稿され、信者VSアンチのバトルが散見されたものの、ブログなどの「表舞台」ではほとんど無風状態であったのは周知事実です。

上意下達、封建主義、権威主義が強すぎ、意見を受け入れる寛容さをあまりもちあわせていないのか、
何か言えば、誹謗だの中傷だの簡単に口にする方も多いようです。
しかし、そもそも「中傷」と「批判」は違います。混同してはなりません。中傷とはイワレノない悪口、批判は一定の根拠を示したうえでの論評です。

おそらくあの時代飛び交ったのは、中傷などではなく、批判でした。
もちろん地位や肩書など一切関係のない多くのスキーヤーから放たれるまっとうな批判でした。


ワタシが繰り返し唱える

コブができないのに1級を受けるのは金をドブに捨てるも同然

の論は、当然の如くコブが出来ない人を中傷しているのではありません。
一定の根拠を示したうえで、行動を思いとどまらせ、よりよい結果に結びつけるための提案なのです。

コブの滑り方の教え方を知らないイントラが多すぎる

と云えば、「下手糞が偉そうに」とムキになる人も多いのですが、実際そうなのですから仕方ありません。


前出の森脇氏は昨春、こんなイベントを企画されていました。

近所なら是非宿屋を休んででも受講しに行きたい、そんな素晴らしい企画です。


引用
======
1aCIMG9366.jpg

世の中にスキーレッスンが上手な人は山ほどいます。

一方で、「上手なスキーレッスンをする方法」を論理立てて分かりやすく伝えることが出来る人はそう多くはありません。
そもそも「上達のために効率の良い指導方法」を習ったり学んだりした経験のある人すら少ないと思います。おそらく先輩からのアドバイスや、過去に習ったレッスンを真似してレッスンを組み立てている人が大半のはずです。


もし皆さんがこれからもスキーを教えていくとして、自分の教え方の中にプラスすることで
さらに指導力を高めることができるレッスンがあったら受けてみたいとは思いませんか?


ばんけいスキー学校の登録教師を対象に9年間教師研修のチーフとして指導してきたノウハウと、
全国各地での講習会、学校教員へのスキー指導法レッスン、一般企業への社員研修などを行なっている
「指導方法を伝えるプロ」による教師のための教え方レッスンを開催します。
(スキーを頑張って「習っている」人にも役立つ内容になります)



正しいことを正しく伝えると教える側には問題はなく、あとは学び手の責任だと考えてしまうと、
そこに非常にもったいない状況が発生します。

教えると学ぶはイコールでは結べないのです

理解できないのは生徒のセンスがないからだ、
これだけ説明してもできないのは生徒にやる気がないからだ。

と考える前に「他の教え方はなかっただろうか」「どうやったらもっと上手く伝えられただろうか」と考える指導者が指導力を向上させていくことができるのです。

また、スキーレッスンと楽しさの関係としては
「楽しくて学べる」のが理想だと考えています。



みなさんの中に「楽しいけど学べなかった」とか「学べたけど楽しくなかった」という経験を
持っている方もいらっしゃると思います。今回は楽しく学べるレッスンを行ないますので、
レッスン全体を通して、どのように振舞っているのかも含めてレッスンを受けていただくと良いと思います。

一つ、注意があります。

このレッスンを「習う人」が受けた場合、今後習うレッスンのどこが修正ポイントなのかが見えてきてしまうようになります。
上手く活用すると、自分の脳内で変換して「自分に伝わりやすい言葉」として受け取ることもできるようになるでしょう。

そんなレッスンを行ないます。

======
引用終わり


レッスンを受けることが叶わないとしても、是非一度講演会か何かに参加したいと思います。
それにしてもばんけいスキー学校のインストラクターさん達、こんな素晴らしい識者のもとスキーレッスンが出来て本当に幸せだといますネ。

ばんけいにも早く雪が積もりますように。。。。


11ukobu.jpg
11ukobu.jpg



【おしらせ】

週末土曜日におけるシングルルームの空きは1月、2月中はすでに満室となりました。
ドミトリ(男女別相部屋)であればまだ空きがございます(1月5日、6日のコースは満席)

➡2019冬シーズン早割★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声


★スキーブログランキングに参加中★
↓↓↓↓↓↓ 気になるただいまの順位は??
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



別館ログハウス楽天トラベルにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg


スポンサーサイト


プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

miyukinod

Author:miyukinod

カテゴリー