【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
新企画イベント・難行!苦行!コブ修行!!
今日はタングラム斑尾でコブ修行してきました。

参加者は川崎のTYPE-Rさんのみでしたが、スキーマニア化した私にとっては、ただ滑れるだけで満足なのであります。

当初予定していた緩斜面のコブが、シーズン末期のためか丸ごと消滅して整地されてしまっており、急遽予定を変更せざるを得なくなりました。

こまったな。

コブ斜面もあるのはあるんですが、ゲレンデ上部のかなり斜度のあるバーン。
RIMG0252.jpg


私には無理だワ。白旗です。

しかし、TYPE-Rさん曰く


大丈夫ですよ。行きましょう。

ゲゲッ!!コブの張り付いたこんな急坂を
RIMG0251.jpg

どうやって降りるのか!?

が、余裕のTYPE-Rさん
RIMG0232.jpg

まずは3分レクチャー

分かったことは


①コブの尾根の面で容赦なくスキーをズラす。落ちる。
②変なところで回そうと思わわない。
③底に着地してほぼ停止
④スキーの向きと反対のストックを遠くに突く
⑤ストックに体を預けるようにしてクルリと回す。



頭では理解できました。でもDVDでは何度見ても分からなかった理屈です。

次にTYPE-Rさんが上記の基本に従って滑り降ります。

そして私が降ります。とにかく尾根面を遠慮なくズラして落ちて見ます。着地したところでクルリ。

なるほど。

これまではエグれたコブの溝をどうやったら通過することができるかを気にしすぎていました。なので、1回ターンしただけでスキーが先走り大転倒。

実は基本はそうではなかったということに初めて気づいたんですね。

コブ斜面の理屈を体得するには、100回DVDを見るよりも、3分の一言アドバイスと1回の模範演技見物。 これが驚くほど効果的です。

午前中はマイスキーで滑りましたが、昼飯後はOGASAKAのテストセンターの無料試乗機を借りてみました。
RIMG0228.jpg


まずはUNITY Q1。前回ほれ込んだ板でした。でも午後のザクザク雪では板の滑走性能を十分に感じることは出来ません。滑走ノイズは明らかにV6エンジンの如くですが、切れ味はあまり分かりません。

でもせっかく借りたのでこいつでコブ斜面を練習することにしました。

1時間後板をチェンジ。UNITY Q2

しかし!

やたらとスキー先端が雪面に引っかかり、上手く滑れません。明らかにQ1との挙動の違いを体感。

TYPE-Rさん曰く

板が柔らかいんですよ。

なるほど。ガリっとズレる前に板がフニャっとたわんで雪面に張り付いてしまうことが分かりました。
事実Q2では二回もスキーが雪の中に突き刺さってしまいました。

Q2は絶対に買わないな。(笑)

9:25にスキー場入りしてからというものの、軽く最初の2本を流しただけで、あとは15時15分まで本当にコブばかりの修行を続けました。

シーズン38日目の滑走でしたが、来シーズンに向けて大きく前進した実りある一日であったことは疑いの余地がありません。

コブなんで絶対無理

と思い込んでいた私でしたが、その考えを改める一日がまさにこの日でした。
bump2.jpg

一日おつきあいいただきましたTYPEーRさんには心から感謝申し上げます。m(v_v)m
そしてお疲れ様でした!
bump.jpg
また来年もお願いしますネ!


4月11日(土)も志賀高原でコブ修行企画アリ。
ただ今2名さまの参戦表明がありますが、引き続き「我こそは」というコブ好きの貴方の参加をお待ちしています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク