【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
池の平へは行かせたくないのか???
今季から復活した池の平ゲレンデ。
今日午前で滑り終えた御馴染みのAさんから譲ってもらった共通券で高井富士まで遠征してみました。
木島平第10、第11、池の平第2クワッドを乗り継ぎ24分15秒かけて高井富士エリアに到達。

設備の所有は木島平ですが、リフト運行、ゲレンデ管理は高井富士という変則パターンです。
それゆえ池の平ゲレンデの位置づけはあくまで「共有」。どちらのスキー場の単体一日券でも滑走可能となっています。
しかし

そのグレーゾーンともいえる扱いが、少々悪い影響をもたらしているように感じます。
IMGP1786.jpg



まず、木島平第11リフトを降りると、以前なら「池の平⇒」とハッキリと看板が表示されていました。もちろんその先はきっちりと圧雪がかけられ、誰でも迷うことなく池の平に向かうことができました。

ところが、今日11リフトを降りてみると、看板おろか、池の平へ向かう連絡通路が通路の体をなしておらず、ブルドーザのキャタピラの跡があるだけでした。はじめての人なら間違いなく迷ってしまうでしょう。


同じことが、高井富士から池の平へ戻る場合にもいえます。

連絡リフトの乗り場には「池の平連絡」という文字がありません。リフトを降りた後も、その道沿いに「池の平」の文字がありません。
標識が不十分なため、互いを行き来することそのものを困難にさせてしまっているのです。

昨日OPENしたばかりの池の平ですので、今後改善されるのかもしれませんが、どうも中途半端な印象はぬぐえません。

互いのスキー場が「できれば池の平にはいってほしくない」的な考えを持っているとは考えたくありませんが、せっかく復活OPENした共有コースなのですから、もっと入場者に周知PRし、表示や案内をしっかりとしてもらいたいものです。

でもちょっと良い話をひとつ。

高井富士で滑った後、池の平リフト最終乗車時間5分前に乗った私。
木島平との連絡リフトである池の平第2ペアリフトの降車場の係員さんが、私の共通券に目をやり

ありがとうございました!木島平にお帰りですね~。
お気をつけて。またお待ちしています。

CA3E0155.jpg


何気ない一言が、得も云われぬ暖かい気持ちにさせてくれました。これだけでスキー場の好感度は10倍です。

今日のスキー場良い話No.1決定です!

ちなみにこの係員は高井富士のスタッフさんです。

=====================

竹内兄弟のスキービデオクリニック
日時: 1月22日、29日、 21:00~
場所: 当宿談話室
費用: 特に要りません
講師: 木島平スキー学校 竹内昭芳氏(主任指導員)or芳次郎氏(技術選2009甲信越大会総合86位)
定員: 10名 
イベント詳細

上達への早道★親切第一


2009年度国際米コンクール入賞米


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
好感度UP!
おはぎさん

本当にスバラシイ応対だと思いました。リフトマンというのは非常に単調な仕事で、淡々としている場合が多い中で、そうした何気ない一言には非常に大きな感動を覚えました。
何事も気遣い、親切が一番だということを学びました。
あのリフト、また乗りに行きたいです(笑)


> 好感度UPしました。
> 年末年始は伺うことが出来ませんでしたが、シーズン中には時間を作って遠征したいと思います。
> 当然高井富士にも!!
【2011/01/06 10:12】 URL | なかむら@みゆきの #- [ 編集]


好感度UPしました。
年末年始は伺うことが出来ませんでしたが、シーズン中には時間を作って遠征したいと思います。
当然高井富士にも!!
【2011/01/05 22:41】 URL | おはぎ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク