【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
自然で楽なスキー ~「谷回り」の考察
2009年のSAJスキー教程で「自然で楽なスキー」が唱えられ、より抵抗感の少ない「谷回り」の重要性を説いています。

しかしそこには危険がはらんでいます。

いわゆるエキスーパートレベルならばそれも至極納得いくものでありますが、1級程度の人にそれを念仏のように唱えてしまうと、抵抗をなくそうとするがあまり(雪煙を立てまいと)にスキーへの圧力を意図的に弱めてしまって、年がら年中足を曲げたままの苦しそうなターンになりはしないかと。。。。。
ヘッポコ1級スキーヤーである私の場合、今現在そんな感じになってしまっています。

3年前師匠T橋氏にスキーを教わったときのコメント。

中村さん足曲げすぎです。
スクワットじゃないんだからもっと伸ばして。


スキー雑誌の写真ではみんな足まげて滑ってますが、あれ、わざと曲げているんじゃないんだよ。
遠心力がかかった結果、曲げられているだけの話。

ためしに足を伸ばして滑ってみました。
気持ちの良い抵抗感を感じつつも、ふとももの疲労感がずいぶん軽減されました。

普段の生活ではほとんど足を伸ばして暮らしている人間は、基本的に足を伸ばしきった状態が楽なんです。だからスキーでも足を伸ばしてターンするのが楽なんですよ。

これもT橋さんの理論。

でも納得。エッジングをしまいと足を曲げて荷重を弱めてしまうより、足を伸ばしてターンの抵抗感を感じながらギュイーンと滑ったほうが遥かに自然で楽なスキーになります。

谷周りを極めさせるのはエキスパートからということで、どうでしょ?
中級者レベルにはもっとほかにやることがありゃしませんか?駄目でしょうか?

=====================

竹内芳次郎スペシャルキャンプ
日時: 
①2月26日(土)~27日(日)エキスパートキャンプ *只今2名様エントリー
高橋直美指導員が担当します。

②3月12日(土)~6日(日)コブスペシャルキャンプ *只今3名さまエントリー

場所: 木島平スキー場
費用: 各コース共に9000円(講習4単位8時間、ビデオレッスン、動画メディア込み)
講師: 木島平スキー学校 竹内芳次郎氏(技術選2009甲信越大会総合86位)
定員: 各コース5名 
イベント詳細

上達への早道★親切第一


2009年度国際米コンクール入賞米
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク