【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
スキーはこんなに楽しかった!? ~シーズン47日目
大雪の後の晴れ間が広がった3月3日、午後2時から出撃しました。

もちろん桜田紋をひっさげて。

まずは第8、沢コースを下り第7へ。大雪で埋もれてしまったコブを目指しました。深い雪の中での取り回しもVF2に比べると格段にいい感じです。あきらかに1200gの軽量化が劇的な効果を生んでいます。

コブは完全に雪の中に埋もれてしまったのであまり練習にならないと判断、パウダーを攻めにいことにしました。
第8で未圧雪のトレーニングバーンへ。

そこでこのスキーのポテンシャルを実感。少し後ろに体重をかけるとテールがそりあがり、スキーの先端が漁船のごとく雪の上に現れ雪を切っていくのです。硬くて重いVF2ではこんな操作はできませんでした。

オレ、こんなにパウダー上手かったっけ?

しかも ちょっとした荷重動作に対して板が反応し埋もれるように曲がっていってしまうVF2に比べて、スキー全体が軽くルーズなのでそんな挙動も皆無。旋回操作が非常に簡単です。軽量化がこんなところにも大きく貢献しているんですね。
あまりに面白いので3本連続パウダー。

その後整地バーンに移動してさらにフィーリングテスト。

明らかになったのは、

ズレ幅が非常に大きく回転性が良好
それゆえ、低速小回りは得意中の得意
でもカービング系高速大回りは非常に苦手

これぞフリーライドスキーの真骨頂か。コブにも適しているといえましょう。

さらに緩斜面に移動しツインチッパーの真骨頂であるグラトリ(フェイク)をトライしました。

面白いです。

右へ左へクルクル。やりすぎで目が回ってしまいました。
ところがそこで新たな発見が。

通常なら右ターン(左足荷重)が苦手だったのが、360度ターンすると右足荷重に問題があり、スムーズに回らないことがあります。


それにしても楽しいスキーです。フリーライド&ファットスキーが流行る理由がよくわかります。

難しい顔して基礎練習するのも悪くありませんが、スキーの純粋な楽しさを味わうことの出来るこんな板もまたいいものです。

=====================

竹内芳次郎スペシャルキャンプ
 
②3月12日(土)~13日(日)コブスペシャルキャンプ *只今5名さまエントリー

場所: 木島平スキー場
費用: 各コース共に9000円(講習4単位8時間、ビデオレッスン、動画メディア込み)
講師: 木島平スキー学校 竹内芳次郎氏(技術選2009甲信越大会総合86位)
定員: 各コース5名 
イベント詳細

上達への早道★親切第一


2009年度国際米コンクール入賞米


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク