【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
誰に教えるスキー技術なのか?
谷回りの呪縛に取り付かれてしまった基礎スキーの世界。どうしちゃったんでしょうか。

毎年行われる指導員研修会ではもっぱら聞かれる言葉は「谷回り」らしいですが、そんな技術をいったい誰に教えるのか?不明です。


自然で楽なスキー

ハイブリッド

谷回りはパラレルターンの新しい概念

谷回りの概念に山回りは存在しない


そんな馬鹿な。


ハイブリッドスキーは「閉鎖的系の秩序維持」の限界から重力場という地球環境を取り込んだ「複雑系の動的秩序維持」への可能性が模索されたもの

との由ですが、大学の研究論文じゃあるまいし、まともなスキーヤーにこの言葉が理解できる人がいるのでしょうか?


SAJ指導教本には、今年のテーマとして冒頭にはこんなことが書かれています。


縦軸滑りに横軸滑り、静荷重(スタティックロード)に動荷重(ダイナッミックロード)、フェイスコントロールを駆使して内足主導に外足従動で滑る


これだけチンプンカンプンノ造語を多くの指導員に教え込みそれを日本中のスキーヤーに広めようっというのですから尋常ではありません。


竹内芳次郎も言うように、はっきり言って、この谷回りってエキスパート向けの難しい技術なわけでして、
初級者や中級者はまだしも、1級ホルダーでさえ困難な技術なんですよ。

世の指導員達全てがテクニカル&クラウンを目指す基礎スキーヤーばかりを教え込む立場の人ならまだしも、実際はそうではありません。相手は初中級者がほとんどです。
念仏のごとくこうした難しい言葉を羅列し、受け売りでレッスンを展開しようものなら、純粋にスキーが上手くなりたい人たちはきっと嫌悪感を示すことになるでしょう。


しかしお上ではそんな滑りが「自然で楽」なんだと。

そこまでして抵抗のない谷回りを極めたいのなら、直滑降でもしてりゃいいではないですか。

てな具合の過激(?)な質問を、先日テクニカル所持のゲストがスキー学校の指導員T君に投げかけてしまった程でして、指導員さんたちも話の整合性をつけるのに四苦八苦しているというのが正直なところでしょう。もはや全く手に負えません。


このブログを見てくださってる指導員の方もいると思うんですが、お願いですから、生徒さんにはオフィシャル通りの「自然で楽なスキー」を教えないでいただきたいものです。
重要なのは、自分の経験をふまえて自らが上手になった過程をやさしく丁寧に説明すること。実体験に勝る説得はありませんから。


それでももし「ハイブリッドな谷回り」や「自然で楽なスキー」などという言葉を使いたいのなら、

「ハイブリッドな谷回り」とは上手い人達が使う難しい技術で大会や検定で高得点が出やすい滑りとして練習する
もので、貴方達にはあまり関係のないことで。。。」と注釈をつけるべきでしょう。

去年までは「積極的な体軸のローテーションを活用しスキーを推進させる」との教えだったのが、今年はそれを否定しているとの声が聞かれます。

でも。

そうした動きは受講生個々のすべりの根本とは異なる部分であったりもするわけで、どうか「振り付け教室」にはならないようにお願いしたいものです。
間違っても2級をこれから受験しようという中級者に向かって「フェイスコントロール」なんて言葉を発しちゃいけませんぞ(笑)


とにかく


指導員教程本や研修会の内容が極一部の上級者向けなものに偏ってしまっているという印象です。
しかしながら、多くのスキーヤーが初級中級なのに、スキーの概念を難しい谷まわりに決めつけているので、皆が混乱してると推測されます。
こんな中でお上は

顧客(スキーヤー)の底辺拡大!!

などと声高に叫んでいるのには大きな違和感を感じざるを得ません。

連盟の公認を受けるために仕方なく研修会に参加しているという人は少なくないようですが、近年、指導員を更新しない方も増えていると聞きます。

基本的には、谷まわりの技術ってそれはそれでイイと思うのですが、これが「全ての根幹にある概念だ」と述べられることにはやはり抵抗があります。

周囲への安全配慮、身を守るための術である「ブレーキ要素」の滑りを言わないで、どうやって多くのスキーヤーを教えていくんでしょうかね

もし。

不整地急斜面を谷回りオンリーで滑り降りられる技術が確立すれば、谷回理論至上主義も受け入れざるをえないかもしれません。
しかし科学と物理の常識をもってすれば、それは絶対不可能であることは明確です。

そうした矛盾がなくなれば、私もこれから本気で指導員資格取得に向けて頑張ろうかなとも思うのですが。。。。。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

私は昨年度指導員資格を取得した者です。(谷回りに抵抗があり理解して体現するのに3年間かかりました。従って3回目で合格したわけです。)
確かに、谷回りはできてしまえば、実に楽に滑ることができ、以前のように疲れません。しかし、この技術だけで全ての状況で滑れるわけではありません。おっしゃる通り、不整地では今までの外足主体のずらしでないと滑ることが出来ない場合もあると思います。私は、基本技術は外足であると思っています。大切なことは、外であれ内であれ両方の滑りができ、状況によって使い分けることだと思います。わたしはスキースクールで教える場合には、1~2級の方の滑りの技術やその方の要望に合わせて教えることを変えています。もし、谷回りで滑りたいのであれば教えます。そうでなければ、外足をしっかりと使っていく方法をまず教えます。「自然で楽なスキー」ですが、この言葉の前に「もしあなたができれば」という言葉が抜けていると感じています。本当にできれば楽ですが、谷足に自重(自分の体重)を移してから谷スキーが落ち始めるまでの間、はじめはすごく勇気がいります。だから、難しいのではないかと思いますが。話がまとまらなくて、ごめんなさい。
【2012/11/24 12:05】 URL | 坪井 克弘 #- [ 編集]

ハイブリッドな谷回り??
おらぁ解りゃせんのぅ、歳も歳だでなぁ。。。
『ブリリアントな谷回り』ならチィ~ットは解るだにぁ。。。
『陽が輝いて眩しくって谷に滑り落ちるように回ってしまう』ってことだろ!!
ところで、一昨年2級、昨年1級、すると、、、、今年は準指ですよねぇ。
だと、『ハイブリッドな谷回り』を理解しないとぉ(笑)
【2011/12/30 17:02】 URL | #B2bgHvfw [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク