【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ブレーキ掛けてはダメですか?
イントラ漬けだった先週と今週。

技量不足をまざまざと見せ付けられたわけなのですが、その一方で周りのグループがどんなレッスンを展開しているのかも少し気にしていました。

結構ひどい罵声を浴びせるものだなぁ
「オマエ」って呼び方もありなのか

詳細について把握することは難しいものの、どんな言葉をつかっているのかについては、自分のレッスンをしながらであっても、結構耳に入ってくるものです。

そんな中で非常に気になった言葉があります。以前ここでも述べた

コントロールする

いやいや。これってやはりスキー指導員用語なんですね。やはり。

プルークで滑らせながら、

コントロール!
コントロール!

と先頭でイントラが大きな声を張り上げているのを頻繁に目撃しました。

なぜ

ブレーキを掛けて!
雪を削りながら!

と言わないのでしょうか?

初心者レベルのスキーヤーが低速域においてスキーを旋回させるための原理は基本的に

除雪抵抗

なわけでして、明らかに雪を押しのけながらの「ブレーキ」によってその運動が導かれるものです。

だったら、初心者には単純明快に

ブレーキかけて
雪を削って

でいいと思うのですよ。

昔流と言われそうですが、ここ数年の経験上、ブーツのベロに脛を押し当ててブレーキを掛ける動作はスキーがもっとも安定する動きでもありますし、スキー運動力学上の基本中の基本だと思っています。

当然、初歩の段階においてこの動作を叩き込んでおけば、姿勢が安定し、上達していく過程においても応用が可能となります。
超急斜面でもコブでも、このテクニックが生きてくるのは間違いがありません。

4年前に買った渡辺一樹のパーフェクトスキーマニュアルを見返してみましたが、残念ながらブレーキを掛けることはタブーであるかのような解説です。

左足荷重が苦手極まりない私がひたすら練習したのは

右向き横滑り
左足に全体重を乗せて削りまくるプルーク

でした。

結果、重心が安定して両スキーが揃って回っていくズレないカービングターンが出来るようになったのです。

基本は除雪ブレーキ。それしかないでしょ。やっぱり。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク