【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
青森までの最短コース ラスト177kmはノンストップ!
青森までの最短コース

秋田を過ぎて国道7号線をいったん離れ、秋田リゾートラインに針路をとる。五城目、上小阿仁、鷹巣を経由して大館に到達するルートである。

この区間は信号も少なく、特にバイクにはお勧めである。

そして大鰐温泉の先、これまた国道7号線をいったん外れて平川、黒石へと続く県道もまたよろしい。

この二つを活用することで、距離は20km以上、時間にして15分から30分程度を節約できるはずである。

実際、秋田までの通過時刻は当初机上の計算で組んだスケジュールと比べてもほとんど差異がかった。

しかし、青森手前の黒石付近では夕方の渋滞が起こる可能性をかんがみて、秋田から青森までの177kmはノンストップで走ることにした。
順調に行けば17時30分頃には青森港に到着し、18時発の青函フェリーに間に合う計算である。
とにかく先を急ぐことにした。

大館を過ぎるとやがて矢立峠越えである。古くはSLの難所として知られており、今なおトンネルを経ることなく長い勾配が続く峠越えの鉄路が生きている。
一方国道7号線も標高100から標高220mまで登って、青森県へと入っていく。
エリミネータはギアチェンジすることなく、法定速度を保ったまま快調に上り詰めていった。50ccでは考えられない快適性である。

大鰐温泉を過ぎ、国道を離れて津軽平野の快走路が続く。
黒石付近では若干の渋滞があったものの、ほぼ予定通り17:26に青森港に到着した。
CIMG5556.jpg



ナビの結果がこれ。

CIMG5554.jpg
平均時速は47.3km、走行距離は600kmであった。短いトンネルが何箇所かあったので、それを加えなくてはならないが、せいぜい2km程度である。

13時間を切る所要時間は、予想よりも少し速かったといえる。でも決して飛ばしたのではなく、あくまで法定速度を守っての数値である。

2年前YB-1で走ったときは、朝10:45に出発して翌朝8:55に青森港に到着した。途中の仮眠を含めて22時間もの時間が必要だった。

帰りは朝3:45に青森を出て、22:15に木島平に到着した。18時間30分というこれまた超ロングランである。

しかし今回は13時間を切る快調ぶり。

わずか75ccのアップがこれほどまでの劇的な時間短縮に寄与するとは、あらためて驚くばかりである。

凄いぞエリミ!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク