【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
トラブル発生
原点復帰し、さらに北上する。達古武キャンプ場を過ぎ、やがて急な登りをともなう大きなS字カーブが現れる。3速に落として60k弱をキープしたままバンクをつけて一気に駆け上がる。ところが。。。。。

右コーナーをスロットル開けていたところ


突然停止



してしまった。突然前タイヤの空気が抜けてしまったのである。幸い転倒もしていないが、とりあえずJAFに救援を要請した。
電話口で問診を受けた結果、現場での応急修理は無理とのことで、レッカーでの輸送になるという。

これで5回目の北海道ツーリングだが、

一回目は三国峠でパンク
二回目は長万部でフロントチェーン脱落
三回目、四回目は無事で、今回は五回目でまたトラブル。車に比べてトラブルに陥る確率が高いのは致し方ないが、トラブル率60%はどうしたものか。。。。。

でも3回目のトラブルとなると、動揺もなく、のんびりこんな写真をとってみたり。
CIMG5692.jpg


復活後の今日の旅程を組みなおしてみたり。

こんなときにもポータブルナビが威力を発揮する。
最寄のバイク屋はどこか?距離はどれくらいか?

釧路市街地までは20kmを少し切る距離である。JAFのロードサービスは15kmまではレッカーも無料なので、超過分は4kmほどである。

三国峠のパンクの時に比べれば雲泥の差だ。なんせあの時は市街地まで70km。レッカーをすれば40000円を越える僻遠の地だった。

いずれにせよ、市街地までレッカー移動し、すぐに修理が完了したとしても稚内行きは完全に幻と消えた。
頑張っても紋別くらいだろう。
いけるところまで走って、翌早朝に稚内を目指す。そんなところかもしれない。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク