【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
JAF到着から復活
1時間後の12:00頃、にJAF釧路支部のパジェロと、車載トラックが到着した。救援要請から1時間後のことであった。
CIMG5693.jpg


バイク運搬用の専用器具が出てきて、エリミが積まれていく。なんとも情けない姿である。



レッカー業者さんはバイクの積載がはじめてとのことで、JAF釧路支部隊員との二人体制で現場にやってきたとのこと。

修理の持ち込み先をスマホを駆使して探すJAF隊員。
ようやく釧路町の自転車屋が対応してくれるとのことで、現場を後にした。

私は車載トラックの助手席に乗せてもらい、国道をゆっくりと進む。
レッカー業者さんは昨年からJAFとの提携をはじめたらしい。釧路市内だけでなく、根室や帯広まで遠征することさえあるらしい。
自分は釧路が好きで何度も来ているとか、市内川北町のユースホステルで住み込みをしたことがある等を話した。

約40分後、連絡していた自転車屋に到着した。ところがそこの店主はろくに症状も見ることもなく、


どうもチューブが破断している。替えのチューブを取り寄せなければ修理はできないという。

電話で釧路市内の業者をあたってくれるが、エリミネータ125に適合するチューブはどこにもない。札幌にもない。
メーカーでも欠品しているらしい。つまりバイクを放棄する以外に方法はないという。


そんな馬鹿な

せめてタイヤを外して、本当にチューブの修理ができないのかを確かめて欲しいと思うのだが、

「2500円かかりますよ」

というだけで、まるでやる気がない。

JAF隊員もレッカー業者も困り果てるが、ココであたふたしていても仕方ないとのことで、レッカー業者の店まで運ぶことにした。

そうして到着した釧路市愛国のカーステージRR
93.jpg

ウチは車専門なので。。。。


と仰るが、大変親切に応対してくれ、親父さんと思しき社長があちこち掛け合ってくれ、とりあえずやってみようと、タイヤを外して点検してくれることになった。

まずは空気を注入すると、普通に膨らんでいくのが確認できた。どうやらチューブは生きているようである。

解体作業開始
7.jpg

8.jpg

暑いから、まあ中でお茶でも飲んで休んでて。

お言葉に甘えながらも作業が気になって仕方ない。
9.jpg

二人がかりでようやくタイヤを外すことに成功。

幸いチューブは生きている。検証した結果、パンクの原因は画鋲のような細い針を踏んでいたことによるものだった。
穴はチューブを串刺しにするように二箇所空いており、パッチによっても十分修理可能と思われた。

が、社長と思しき方が、パッチでは不安が残る。圧着溶接しておいたほうがよいとのことで、知り合いの業者まで足を運び修理依頼してくれることになった。

40分後チューブがきれいに溶接されて戻ってきた。

先ほどまで同行していたJAF隊員O氏が私服姿で登場。今日の仕事は終わったとのことだが、心配してやってきてくれた。近所に住んでいるらしい。

91.jpg


最初に立ち寄った輪店の主人は、ろくに見ることもなく最初からお手上げ状態だったが、
クルマ屋さんがこの親身の応対。

15:40にエリミは無事復活を遂げた。

救援要請から5時間後のことであった。

RRのレッカー車を運転してきた男性いわく

「旅先で困っている人だからこそ、何とかしなければと思いました。それにしても最初の自転車屋さん、あまりに冷たい対応でしたよね。お客さんが釧路に思い入れがあるとか、いろんな話を聞くうちに、何とかしてやらなきゃと思うようになりまいた。そうでなければ、ここまでやらなかったかも。」

釧路好きのワタシだが、これでまた釧路が好きになってしまった。


修理代も「え!?これだけでいいのですか!?」と思うほどの安価でやってくれた。親切極まりない応対に感動するばかりであった。

親切第一


商売人の真髄を見た気がした。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
拝見しました
お久しぶりです。無事に旅行が終了したみたいですね。 今日このブログでうちの事が、書かれてると JAFの北海道事業本部長から釧路支部に連絡が入り、私のところに連絡がきました。
うちの親父もブログを見てびっくりしてました。 また釧路にお越しの際は遊びにきてください。
【2012/09/12 20:01】 URL | カーステージRR #99Efd12c [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク