【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
シーズン5日目
午後1時半頃から出かけました。

第七リフトはまだ動いていないので、3回ハイクアップしてダウンヒルコースをパウダーラン。


振り返るとパイオニアコース。でもまだ開かず。
滑りたいな~。。。



第6終点からは大回りのカービングを意識しながら滑りました。
正直、KO-BXに替えてから、VF2よりも大回りのカービングが楽に出来るようになった気がします。

ズレないターンもかなり上達した感じ。自分としてはもっと外足を強く踏んでガーッと曲がるほうが気持ちがいいのですが。
でも、ズレとカービングの調節というか、さじ加減がかなり上手く出来るようになってきたようです。

おそらく、コブを練習したことによって、乗り位置が安定してきたからでしょう。

VF2のオートマチック感は、確かに乗り始めの時、自分の技術を補うように、実によく曲がってくれたという印象を持っています。

でも、あれから3年。

自分でスキーを操る感覚が上達したことによって、オートマ感よりも、マニュアル感覚のスキーを楽しいと思えるようになったのかもしれません。

私にとっては、それこそがKO-BX。
105-70-95という、一昔前のセミカービングなシェイプ。Rはおそらく18程度と思われますが、この微妙なルーズさが、なんとも言えない面白さを演出してくれています。

確かに今日、スカイコースを最大限にぶっ飛ばしてみましたが、安定的最高速度はVF2には及びません。食いつきはさほど強くはないので、私の場合、ある一定の速度域を超えると、「脱線」するような挙動を見せます。

しかし、そこそこ速く快適に飛ばせて、深雪も潜らず、足元操作が簡便という点では、KO-BXに分があります。

ゲレンデで遭遇するシチュエーションの「最大公約数」を集約したスキー

それがKO=BXだと思うのです。

乗るたびに愛着が出てきました。ホント。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク