【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
スキーグラフィックを買ってしまった
いてもたってもいられず、SJ誌に続き、今日スキーグラフィック(SG)を買ってしまいました。
発売日が同日になって以降、SGはもう買わないと心に決めていたのですが、ブログのネタ探しに(?)ついうっかり。

さて

相変わらずSG得意の検定攻略の記事が巻頭です。
特定のスキー学校とのタイアップ記事とすることで、広告収入を見込んでの構成なのだと察せられます。

整地のすべり理論については、あまり興味がないので(というよりもSAJ推奨のすべりが出来ないので)スルーしますが、やはり気になるのは

不整地

内容をひとつひとつ見ていくことにしましょう。

特に不合格になった人の症例の解説と改善すべき方向についての記述に注目します。

誌面によりますと。。。。。

=====

合格に必要な要素

しっかりとスピードコントロール
安定したリズムと丸いターン弧を描く
正確なニュートラルポジションを意識
一つ一つのコブを確実に処理
横滑りの連続はマイナスポイント
狭目のスタンスをキープしてスキーの通るスペースを確保

=====

相変わらず独りよがりな抽象用語のオンパレードであります(^_^)

私流に意訳して単刀直入に言い換えるなら

縦のラインを削るのではなく
バンクラインを削りながらブレーキを掛け続けることで
余裕を持ってニュートラルポジションを通過し次のターンに備えましょう。
その際、足をぴたりと揃えてエッジングすることで、コブの落ち込み部分での左右の高低差が解消され、より強力かつ、安定した「削る」運動が達成できます。


ということになります。

なぜブレーキを掛けるとか、雪を削るとか、コブでの制動がいかに重要であることをもっとはっきり言わないのでしょうか。いい加減言い疲れましたワ(^_^)


=====
1級を受検するレベルのスキーヤーは比較的コブ斜面を苦手としていることが多く、実際の検定においても、コブ斜面を滑り込んでいない人が多く見受けられます。

=====

整地でのフォーム矯正に時間を割くあまりに、コブの練習が不十分なのです。
はっきり申しまして、コブをパラレルで脱線せずに通過できないようならば、残念ながら検定を受けても無駄に終わる可能性大です。おそらく「まぐれ」は起こりませんので、そんな時間とお金があるのなら、コブの練習に専念したほうが得策です。


=====
コブ斜面だからといって操作の基本が変わるわけではありません。まずは切り替えで正確なニュートラルポジションを意識して安定した切り替えを行うようにしましょう
=====

ウチのお客さんが、木島平スキー学校のレッスンで「コブでは整地とは逆のことをしなくてはならない」と言われたそうですが、つまり、最近のハイブリッドスキー理論とは異なる、捻り押し出しによるブレーキ要素を強めなくてはならないということです。

スキー教習界のリーダーでもある八方尾根スキー学校の指導員が、真面目な顔をして「スキー操作の基本が変わるわけではありません」だなんて、なんとも罪なことを言うものです。
だったら、捻り押し出し要素の強いバインシュビール滑走法で滑る人にも検定合格をさせてあげてほしいものです。

簡単に「ニュートラルポジションを作ることを意識しよう」なんて言いますが、

滑っている本人は、

ニュートラルポジションを作れないから困っているのです。
安定した切り替えができないから困っているのです。

それらを課題を達成するための指針を与えてやるのが、こうしたハウツー記事の役目のはずですが、それらの記述がどこにもありません。

何故ニュートラルポジションがつくれないのか

もう言いませんが、答えはひとつしかありません。


=====
スピードを求めるあまりに暴走気味になっているスキーヤーも多いのですが。。。。。
=====

一級受検レベルなら、おそらくそれはスピードを求めているのではなく、単に減速できずにバタバタコブを駆け下りているだけなのだと思います。


不合格になったスキーヤーの写真のしたの一口解説記事についても、

ああすべきだった
こうすべきだ


そんな記述ばかりで、コブが出来ないスキーヤーの原因の核心を突くものではありません。


コブが出来ない。手も足も出ない

そんなスキーヤーは、ぜひ

コブの中で完全停止すること

を試して欲しいと思います。


きっとコブ攻略のヒントが見つかるはずです。


いつも思うのですが、デモンストレータは、単にスキーが上手いだけでなく、出来ない人の目線に立って指導の出来る、スキー指導のエキスパートでもあってほしいものです。


ブログランキングに参加中★
熱血スキーヤーの応援をよろしくお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓




【コブ滑走研究・プライベートレッスン】
コブ好きオーナーがついに始動!完全プライベート保証、不満があれば返金保証の画期的コブスペシャルレッスンです。

▼日時:1月6日(日)以降の平日毎日 *講習時間は約2時間
▼費用:3000円 リフト代別途 ビデオ撮影料金込み
▼対象者
①小回りは難なくできるが、コブが全く出来ない人
②コブに入ると即脱線してしまうという人
③1級を持っているが、コブは得意でない人
④滑れるがコブで加速してしまう人

*前日または当日の二食付き宿泊が条件となります
*講習終了後も滑走感覚に全く変化が見られない場合、代金は全額お返しします



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク