【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
即席ラーメン的にパラレルに仕立てるのは簡単だが。。。。
先週の金曜日まで3校の中学生を相手に、そして昨日は小学生を相手にスキー指導してきました。

概ね2コマ(5時間)で、初めての生徒であってもプルークスタンスで行きたい方向に自由に曲がれるようになっています。
そして最終3コマ目で、出来る子供には即席「パラレル」を教えます。

外足を伸ばすように押し出して、重心を内側に寄せる。するとウチアシが緩んで、ワイドスタンスながらも「パラレルもどき」になります。

多くの生徒は「おおお!!」と感動してくれます。

昔のスキー教習では考えられないことです。

プルークからやっとの思いでシュテムに移行し、長い時間をかけてようやく押し捻り出しのパラレルにたどりついたのですから。。。。

でも

このパラレルの滑り方では、いわゆる「正対」の姿勢が染み付いてしまう可能性が大です。紙相撲的なパラレルです。
残念ながら2級は簡単に突破できても、1級への道のりが遠くなってしまう危険性が大です。

急斜面やアイスバーン、コブへの対応力に著しく欠けたすべりとなってしまう可能性があります。

いつも思うのです。

この子達は三日間しかスキーをしない。だからといってその場しのぎの「即席ラーメン」を食べさせてもいいものなのか?
時間はかかっても、スキーの本質を知る指針となる「本格的なラーメン」を食べさせてやったほうがいいのではないか。

今指導の現場に立っている人は、その99%がバインシュビール技法で長らくスキー技術を磨いてきました。
なので、生徒向けの「即席ラーメン」を食べるのはもちろんですが、自分の引き出しの中にはしっかりと「本格的なラーメン」がメニューにリストされています。

なので必要に応じていつでもそれを調製し、人知れず味わっていたりするものなのです。

確かに「即席ラーメン」は見た目も悪くなく、緩い斜面では十二分にそのよさを発揮することが可能です。
ある意味素晴らしいものだと思えるようになって来ました。

でも。

それは上辺だけでしかありません。

やっぱり食べるなら即席麺よりも、本格的ラーメンが良いと思うこの頃なのであります。

コブ滑走コース成形部隊大募集★
第1回:1月26日(土)午前9:00~

ブログランキングに参加中★
熱血スキーヤーの応援をよろしくお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓


【コブ滑走研究・プライベートレッスン】
コブ好きオーナーがついに始動!完全プライベート保証、不満があれば返金保証の画期的コブスペシャルレッスンです。

▼日時:1月28日(日)以降の平日毎日 *講習時間は約2時間
▼費用:3000円 リフト代別途 ビデオ撮影料金込み
▼対象者
①小回りは難なくできるが、コブが全く出来ない人
②コブに入ると即脱線してしまうという人
③1級を持っているが、コブは得意でない人
④滑れるがコブで加速してしまう人

*前日または当日の二食付き宿泊が条件となります
*講習終了後も滑走感覚に全く変化が見られない場合、代金は全額お返しします
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

私は即席ラーメン派です。
一級取るときにコブで少しは苦労しましたが、それは即席ラーメンに卵を追加するようなものですよ。
もっと気楽に楽しいスキーを指導してください。
【2013/01/24 20:03】 URL | ヤス #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク